清野拓巳ソロライブ at BIGAPPLE(11/29)

9月のソロライブの時が私のポキート演奏会と重なったので行けなくて、ずいぶん久しぶりになりました。清野拓巳ソロライブ(6/21)(2009)


BIGAPPLEは今年20周年です!
阪神淡路大震災の時も倒れずに耐えた同じ建物で、同じ店でやっています。

1st

初めにBIGAPPLE20周年のお祝い(?)の曲を1曲。

MCで、この20年を振り返る話をしておられたのですが、お客さんに「一言で言って、この20年間は?」と振られた結果、ライブ会場というより座談会みたいになってしまいましたぁ~。(笑)人それぞれに胸に去来する思いがあったことと思います。そのついでにマスターの近藤さんに地震の時の様子を話してもらったのでした。清野さんはまだアメリカへ留学中でした。

15分くらいステージと客席とマスターとが一帯となって話していました。清野さんの演奏に悪い影響を与えてないか心配していましたが、話し終わった後の演奏はとってもすてきでした。今までにはない雰囲気の演奏でした。20年を振り返るというか、それぞれみんなの人生の重みを音で表したような深い音楽でした。30分くらいの演奏の最後に「夜の樹」を続けて弾いてくれました。


2nd

”Dark Shape"のCDになった時の真っ暗な中での演奏は、清野さんにとって転機となったそうです。
"Dark Shape" & "Ripple"(CD)(2007)

なぜ真っ暗な中で演奏したかというのは全く偶然の出来事でした。
事情はこちらにあります。  清野拓巳ソロ・インプロライブ(11/19)(2006)

ということで、久しぶりに真っ暗に…といっても青いライトだけはついていました。
2ndはなが~い1曲でした。


encore

拍手に応えてアンコールを1曲。『Big-Apple』というフレーズが何度も出てきて、(もちろん音だけですが)「歌って」と言われましたが、私の気持ちは歌えるほど開放されていなくて、硬く深く自分の中にもぐり込んでいましたので、声を出す気持ちになりませんでした。すみません。清野さんのソロの時はライブが終わってもしゃべれないことが多く、一人一人が無口になってしまいます。たぶん歌うということと正反対の精神状態なのではないかと思いました。


ところで、BIGAPPLEでもライオンのマークのグラスがあると聞いて、今日は珍しくビールを注文しました。生ビールがレーベンブロイでした!おいしかったです!さっそく20周年記念アニバーサリーのリンゴランプと記念撮影。

画像


ロゴ、エンブレム

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック