清野拓巳ソロライブ at BIGAPPLE(2/11)

バレンタインにはちょっと早い日でしたが、気分はもうバレンタインデー!


今日は雨でした。BIGAPPLEに着いてから「傘はどこへ置くの?」と聞きました。と、聞きながら、もう丸6年もBIGAPPLEに来ていながら、濡れた傘をどこへ置くのか知らなかったということは雨に濡れて歩いて来たことがなかったということか?!と自分ながら驚きました。確かに雨の日はあったと思いますが、途中で止んでいたような気がします。雨に追いかけられながら、または雨と逆の方向だったりしたのか、なんか不思議な思いです。清野さんのライブの日は雨の日が多いなあとは感じていました。私が行かない日でも雨だなあと思っていたこともありました。雨男かなあと思っていました。(雀三郎さんの落語会も大きい独演会などは雨が多いのですよ。)もしかしたら、雨の時だけ覚えているのかもしれませんが。雨の日を覚えていたとしたら、BIGAPPLEまで傘をさして歩いたことが初めてかもしれないというのは、かなり珍しい感じがします。

でも、清野さんは6月生まれで雨の日は好きなんですよ。雨男でもいいんじゃないかな。

というわけで、今日はバレンタインと雨がキーワード。


1st

My Funny Valentine
Brother Heat
Long Nap
Frozen Dust


2nd

インプロで雨をテーマに
Night Tree
インプロ


encore

Drops


ギターソロでのオリジナル曲は割と珍しいですね。前はやってたかもしれませんが、インプロ二重録音や真っ暗演奏など色々の試みが始まってからは案外やってなかったように思います。

Brother Heatはつい先日、島田さんとのDUOで聞いたばかりでしたが、全く雰囲気が違ってとても柔らかな曲になってました。

Long NapはDrops Trioなどのバンドでは何回か聞いたことがありますが、全員が一斉に止まるところが面白いのです。今日は一人だったのでその面白さはなかったです。でも一人では無理かなあといいながら演奏するところがえらいです。やっぱりソロはそれなりに制約がありますもんね。常にトライあるのみ。

Frozen Dustは雪とか氷とかをイメージする静かな秘やかな雰囲気。これは本を読んだ中の言葉なんだそうですが、どういう本だったのか忘れてしまったそうです。あらすじを話してくれましたが、私も知らなかったです。

2ndの最初は雨のテーマでのインプロ。雨だれの雰囲気がとてもよかったです。私が小学生だった頃、雨だれの音を擬音だけで詩に書いたことを思い出しました。それから武満徹の「雨の樹」もそういう感じだったのを思い出しました。

Night Treeのギターソロはほんとにしんみりして素敵です。

アンコールのDropsもギターソロは初めてです。そもそも、CD以外でDropsを聞いたのは「村上ユミ子さんに...」(9/5)が初めてでしたから。一人でもCDとは全く違った風に演奏できるって素晴らしいなあと思いました。




今日はバラフォンのCD、Percussion Brothers(CD)とUAKTIの、UAKTI(ウアクチ)(OIAPOK XUI (オイアポキ・シュイ))を持って行きました。どちらも珍しいCDなので、話が盛り上がりました。

しかも、OIAPOK XUIに収録されている曲の1曲目がアントニオ・カルロス・ジョビンの曲だということがわかりました。"Águas de Março"(三月の水)のようです。わかってからCDの文字を読んでみると、書いてありました。有名なんだそうですが、私は知りませんでした。

もう1曲、ミルトン・ナシメントの"Cravo e Canela"もみんな知っておられました。へえ~~!知ってるんやあ~!(参考:♪そだまーやー

そだまやー、こじかねーらに続いて「しがらき」って言うてる!という意見もありました!そういえばそうですね!


帰りは幸い、家に着くまで雨には遭いませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

清野拓巳
2010年02月13日 03:50
いつも本当にありがとうございます。
自分の演奏は、あとで客観的に思い起こすことは難しいのですが、先日のライブは自分に素直に音を出す事が出来た気がしています。
それってとても難しいことだなといつも感じています。
雨の音にも助けられたのかも知れません。

僕はかなり雨男です。
2010年02月13日 13:00
清野さん、コメントありがとうございます!
演奏するって、演奏者と聴衆の気持ちが合った時にお互いがいい気持ちになるんですよね。いくらいい演奏でも受け手が上手に受けられなかったら成功しないしね。私もいつもいい聞き手ではないと思いますが、音の中に漂っているような感じがしています。(ようするに細かいことは全然覚えてないって意味ですが)雰囲気などの「気」を受け取っていますよ。

雨は移動しにくいので、できたら晴れているか曇りがいいですね。

この記事へのトラックバック