阿武松部屋朝げいこ(3/6&7)

3月6日(土)は朝5時に起きて部屋に到着したのは7時45分。もう稽古の真っ最中でした。3月7日(日)は稽古の終わる頃に到着してちゃんこをいただきました。



十両が3人になったのと、6日は錣山親方と豊真将が出げいこに来ておられたので、すごい気迫でした。色々な種類の稽古がありましたが、上位5人が本番さながらに取る相撲の稽古があり、勝った方の人に周りで見ている人達がわぁ~~!と寄っていってなんかごちゃごちゃ言うのがあったので、意味がわからず、「勝ったのになんで文句つけられるんかなあ?」と思いつつ見てました。だんだん耳が慣れてきてごちゃごちゃ言うのは「もういっちょ!もういっちょ!」と言ってるみたいでした。でもなんか勝った人が怒られてるみたいで、やっぱり意味がわかりませんでした。

後で聞くと、勝った人が次に相撲を取る相手を決める権利があるので、「次に指命してください!!」みたいなアピールに寄っていくのだそうです。ですからかなりの気迫で勝負がつくと同時にダァーーっと前へ出ていくので、すごかったです。


土曜日はけいこの見学の人はあまりたくさんではなかったので、ちゃんこの時ものんびりしていました。その分、大道関がすぐ近くに座ってくださったので色々話を聞きました。前から気になっていた移動の新幹線の話を聞きました。

幕下以下の力士は同じ日の貸し切り車両に乗って大阪や名古屋や福岡へ行きます。大きな身体ですが、座席は普通の新幹線の座席一つに一人だそうです。隣りと足がくっついて汗ばんできたりして、しんどいそうです。福岡は長旅なので特にきついって言ってました。新幹線の車両いくつかわかりませんが、お相撲さんばっかりが乗ってるって想像すると圧巻ですね!飛行機は重量制限があって使えないそうです。十両以上の関取になると団体行動ではなくて、個人的に移動でしてグリーン車に乗れるのでゆったりしているそうです。


日曜日は見学の人が土俵の横の見学席にぎっしりでした。そして勿論ちゃんこを食べるテーブルも部屋いっぱいに並んでいます。お世話の力士達も大忙しでした。

では写真を。

まずは十両筆頭若荒雄と新十両の大道と益荒海です。

画像


阿武松親方。

画像



ちゃんこ
画像



土曜日はのんびりしていました。

画像




日曜日は落語家の桂出丸さんも朝げいこの見学に来られました。益荒海と。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック