桜さん、ほんとうにさようなら

家の横の人の土地ですが、浸水対策の為に雨水貯水槽を地下に掘ることになりました。いよいよ、ほんとうに雑草と他の木と一緒に桜も掘り起こされてしまいました。


桜の記事はこちらにあります。2005年になぜか切り倒されてから、切り株から細い枝を伸ばし、小さな花をつけてくれていました。その様子を写真に載せています。華やかに咲き誇った時の写真もあります。

http://cloudland.at.webry.info/200804/article_1.html
http://cloudland.at.webry.info/200904/article_6.html
http://cloudland.at.webry.info/201003/article_20.html


さて、朝から雑草を刈ったり端から順番に大きい木を倒したりする工事の人が来ていました。これはもう時間の問題だと思ってお昼頃写真を写しました。他の木や草がからみついて、桜だけをちゃんと写すことができませんでしたので、部分もアップして写しました。

画像


画像


画像


画像


ほんのり紅葉してかわいいですね!

午後になって買い物から帰ってくると!行く時はまだ立っていたのに!!

画像


画像


えーー!!うっそー!!って思いました。
例えは悪いですが、事故現場で「私の!私のこどもはどこですかっ!!」って取り乱している感じでした。地面に開いた穴しか見えないのです。周りには切られたたくさんの木がきちんと並べられて、工事の人はひとかたまりずつひもでくくっています。ぱっと見たところ桜が見えません。どこへ並べられているのでしょう?中にも入れないので、地面だけを見ていました。翌朝、工事の人が来ないので、二階から探しました。たぶん、これかな?と思います。切り株は見えませんが、紅葉していた木はほかになかったので、赤いはっぱは桜でしょう、たぶん。

画像


ほんとにほんとの、さようなら!!




確かに仕方ないとは思います。坂の下の方では雨が降るたびに家や店の前に土嚢を積み上げて、消防からも見回りに来ておられます。3年くらい前だったか、私がベジャールの公演を見て帰ってきた時、この土地に住んで初めて道路が浸水しているのを見ました。消防の人が拡声器で迂回をうながし、雨の為迎えに行きたい車が右往左往していました。翌朝道路沿いの各店舗は品物やソファや陳列棚などを干したり、店の中を掃除したり大変な様子でした。地下に駐車場を持っているお店では水が流れ込んだそうです。

その後になって、雨水貯水槽を地下に作ろうという計画が始まり、ボーリング調査などもして、いよいよ今から掘り始めるのです。完成後はどういう風景になっているのか、まだ想像がつきません。その説明はまだないので。でも、桜はもう植えられないでしょうね。芝生など植えて公園みたいになるといいなと思います。でも駐車場になるのかなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック