工事現場からのカット

写真をあれこれ写していると「楽しんでるねえ!」と近所の人に声をかけられました。そう!確かに!まだまだ工事の内容が変わっていくので、どういうことをするのかなあと待っています。


現場をゲイジュツ的に切り取った風景のあれこれ。

杭という言い方が正しいのかどうかわかりませんが、これから打ち込まれるのを待っています。

画像


手を結び合ってがっちりバリケードを張っています。

画像


これでまっすぐ並んでいるつもり。

画像


90度曲がります。

画像


水を噴射して土を柔らかくするので、泥状になっています。人工的ではない形が面白い。

画像


WATER JET CUTTERという機械の横にある貯水槽かも。水滴がポツンポツンと落ちている。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ハット型鋼矢板

    Excerpt: 私が「杭」ってずーーと書いていたのは、どうも「矢板壁」というものらしく、その中でも形や材料の種類に分けられ、貯留槽の工事に使われているのは「ハット型鋼矢板」というものらしい。工事としては「土留め工」と.. Weblog: 虹は雲のあとから見えてくる racked: 2011-02-05 00:05
  • 雨水貯留槽工事

    Excerpt: 昨年10月頃から、また工事が始まっています。今度は矢板の周りをコンクリートで覆い、底にたまった泥などを年一回くらい掃除する設備にするそうです。 Weblog: 虹は雲のあとから見えてくる racked: 2012-01-05 22:51