フィッシャー・ディスカウさん亡くなる

あー、全然しらんかった…。

NHKのサイトを偶然に見たら書いてあった。

2012年05月21日 (月)
フィッシャー・ディースカウをしのんで
5月18日、ドイツのバリトン歌手、
ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウさんが86歳で亡くなりました。

FM 5月25日(金) 午後2時~6時 は予定を変更し、
「フィッシャー・ディースカウをしのんで」
を放送します。

ディースカウさんの遺したさまざまな録音を聴き、大芸術家をしのびます。
司会/山田美也子 ゲスト/河野克典(バリトン歌手)

※予定していた FM 「オペラファンタスティカ 歌劇<カルメン>」は
 7月27日(金)午後2時~6時に放送します。ご了承下さい。


引退を発表されてから、いつかはこんな日も来るだろうとは思ってたけど、全然ニュースを目にしなかったのが悲しいなあ。偶然にNHKのサイトを見て、なんでNHKクラシックのページに来たのかわからないけど、「吉田秀和氏のご逝去にあたって」というトピックスを見たら、「フィッシャー・ディースカウをしのんで」という表題が目についた…。

遅ればせながらやっと呼ばれたんだな。レコードいっぱい聞いたなあ。日本に来られた時の(何度来ておられるのかわからないけど)コンサートはまだ高校生だったので行くことが出来なかった。行きたかったのに行けなかったのがすごく口惜しかったなあ。

高校生の時は一番聞いてたなあ。声が好きだったなあ。「マタイ受難曲」をいくつかの違う演奏を生で聞いていますが、カール・リヒターのマタイ受難曲が頭に入っているので、ソリストの歌のところは一人で「ここは、フィッシャー・ディスカウの歌ってる曲だ…」と思ってしまいます。

NHKで放送された「シューベルトを歌う」も毎回全部見たし、CD付きの本も買ったし、録画しておいたビデオテープはもう捨ててしまったけど、まあまあ、そんなに悔いが残ることもないなあ。レコードが聞けないと困るのでCDも買い直したし。でもやっぱりジェラルド・ムーアのピアノ伴奏のレコードがいいなあ。あ、ジェラルド・ムーアのCDも買ってた。抜かりないね。レコード盤が赤かったのが印象的だったなあ。まだ持ってるから大丈夫!レコードは捨てられないね。

一人で偲んでおこうっと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ららら♪クラシック(6/24)

    Excerpt: 偶然にNHKテレビでフィッシャー=ディスカウの歌を聞くことができました!ありがたい!! Weblog: 虹は雲のあとから見えてくる racked: 2012-06-26 23:57