タイプライター(L. アンダーソン)

ルロイ・アンダーソンの「タイプライター」という曲、私が昔タイプライターを使っていた関係でとても好きな曲です。久しぶりにCDをかけてみたのですが、もしかしてYouTubeにあるかなと探してみました。


最近はかなりなんでも見つかりますね。



http://youtu.be/g2LJ1i7222c


20年くらい前にテレビの「笑いの超人」という番組で外国の芸人さんがこの曲(録音の物でしたが)に合わせてタイプライターを打つマイムをしておられたのでした。それで、この曲を聞く度に私も「チン」という音と「ジャー」っていう音に合わせてマネをしているのですが、なかなか覚えきれません。何度も聞くと少し合うようにはなってきましたが。

このYouTubeの方はオーケストラと合わせて、本物のタイプライターを使っているので、すごい!と思いました。パーカショニストって書いてあるので、さすがなんでしょうね!!!感動です。パソコンの前で「ブラボー!!!」でした。


本物のタイプライターは紙の右端にはみださないように、それより先に行かないように止める場所があるのです。それは個人で設定できますが。文字がその設定よりはみだして書き続けていたら「チン」って鳴るのです。それがなったら左手で改行のレバーを押して改行します。

仕事の時は音楽のようにすんなりいきませんから、チンと鳴った時は文字が半端にならないように単語の最後まで設定を一時的に解除して打ち終わり、それから改行したりします。

YouTubeの演奏の場合はチンの音を鳴らすのに、右下のキーを叩いていたようですが、そういう場所あったかなあと記憶がありません。紙の端までうまく行くように音楽は作られてないので、もしかしたらチンと鳴らす物は別に置いておられるのかな?

見られてよかった!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック