コカリナ練習日(7/25)

今日は4人揃いました。しかし、それぞれの予定があって、これから年内は全員揃わないかもしれません。とりあえず、12月までの練習日を決めておきました。練習は続けますが、細々ですねえ。今までとそんなに違わないのですけどね。


ずっと「ベンのテーマ」を練習してきましたので、今日は「いのちの歌」「ビリーブ」を練習しました。コカリナを吹くことはそんなに難しい曲じゃないので、スラスラできますが、繰り返し記号がなかなかわかってもらえなくて、曲が途中で止まります。音符、リズム、記号など、音楽の知識のない人がやっているので、そういう面でうまく進めないことが多いです。じっくり説明すればできるようにはなりますが…。

ギター教室との違いは精神的なことでしょう。月謝をいただいているということで、「教える」という気持ちになるので、どんなことでも待っていられますが、コカリナは「仲間」という立場なので、対等に接することができないとは思っていても、じれったく思います。お金がほしいのではありません。私の気持ちの持ち方が「教える」という風に決まっていけばいいことなんですけど。もう8年以上やってますが、こういう立場のはっきりしないやり方はしんどいですね。おしゃべりのついでにちょこっとコカリナを吹いているというような雰囲気、私がやっているギターや声楽や合唱ではありませんから、何年経ってもなじめません。


おやこ劇場では最近、ウクレレのサークルも出来ています。別の日に練習しているみたいです。今日は事務局の人がウクレレのコードが載った歌本を見せてくれました。ウクレレの曲に特化した本ではなくて、要するにギターの歌本と違わない選曲でした。サザンだとかYUIだとか流行歌がずらっと並んでいました。その楽譜の上にウクレレのコードダイアグラムが書かれています。

その本の中に「涙そうそう」もありました。音域がコカリナに丁度だったので、これならウクレレサークルとのコラボもいつかできるんじゃないかと思いました。それから「タフワフワイ」。ハワイの歌ですので、これもコラボ候補曲。



あと、私の個人的な好みで「Hawaian Wedding Song」がありました。うれしいな!

写真:
結婚式の日
私の息子夫婦がハワイで結婚式を挙げた時、式の最中にギター弾き語りでこの歌を歌ってくださっていました。

歌詞

YouTube:
Andy Williams(英語)

Makaha Sons(ハワイ語・英語)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック