ジグソー三昧のお正月

私も息子達も孫もジグソーパズルが大好きなのです。お正月に来た時に孫が以前にやったパズルをやろうかな~って、物置へ見に行きました。どういう流れか忘れましたが、新しいのを買ってこようってことになって!


孫は初め、「1000ピースって難しいの?一度やってみたいなあ~」って言っていましたが、私達は1000ピースは何日も何人もが、一週間とか、難しいのになると一ヶ月かかって仕上げたことがあるので、「1000ピースは無理だよ~」って買わないことにしていました。

その代わり、1000ピースの値段くらいならいくつか買ってもいいよってことにして、結局、立体パズルとチェブラーシカのパズル(これは孫が見つけてくれた!!)、孫が気に入ったセンチメンタル・サーカスのパズルを買いました。

家に帰ったのが午後4時頃。元旦は食事の用意をしなくていいので、夕食の前と夕食の後の時間で、孫と二人で買ってきたパズル全部を仕上げてしまいましたっ!!!

「うわぁ~、しんどかったぁ~~~!」

まずはその作品の写真をお目にかけます。

初めてやってみた立体パズル。もう~、難しかったです。
乾電池は大きさくらべ。
画像


後ろ姿。
画像



チェブラーシカのパズル。これは簡単でした。1時間くらいでできました。かわいい~~!
画像


最後にセンチメンタル・サーカスのパズル。私は初めて見る絵でしたが、孫は知っているみたいでした。大きさはA4を縦に2枚つなげたくらいの大きさ。縦長というのは初めてでした。少し大きいということで、3時間くらいかかりました。
画像




孫がセンチメンタル・サーカスのパズルがとっても難しかったので、もう二度とやりたくないようで、「額にいれたぁ~い」と言うのです。我が家ではジグソーパズルは作ったらまたつぶして何度も遊ぶというやり方だったので、「お父さんに一度聞いてみたら?」とお茶を濁しました。

で、2日。額を買うのかどうかについては結論は持ち越しのまま、またジグソーパズルのお店に買い物に行くことにしました。道中、あれこれ孫と話し合った結果、究極の1000ピースをやることになりましたっ!!オー!!

「1000ピースはすぐには出来ないから、途中になって、帰ることになったら、そのまま置いておくからね。また今度来た時に続きをやろうね!」と話し合いました。

ミッキーマウスのデザインで、『暗くなると光る』と書いてあるパズルが興味津々で、買いました。

それからジグソーの大きさに合わせた台を作り、小分けする箱をいくつか用意し、今度は息子もお手伝い。というより主流でしたかね!孫はまず外枠を一人で作りました。私は夕食の準備があったので夕食後の参加。孫のお母さんはもう一人小さい孫がいるので、なかなか参加できず。小さい子が寝てからの参加です。

2日午後5時頃から始めて、4日の夜10時半くらいまでかかって、それぞれが三々五々手を出して仕上げました。

ではその大作の写真を!!!

画像


画像


蛍光塗料で光っています!

画像




5日朝早くみんなは帰っていきました。しばらく名残惜しく、そのままに置いていましたが、6日にはギターレッスンが始まるので、つぶして箱にしまいました。またやることがあるかなあ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック