合唱の練習49

前回の練習日はギターの演奏会と重なりましたので休みました。約一ヶ月ぶりといっても、練習している曲は前からやっているので、なんとか大丈夫でした。とはいうものの、日曜日に楽譜を見ておいたのですけどね。


今やっている曲のうち、アルトが一番難しい「いつも何度でも」を主に練習しました。前回の記事で「歌詞を自分で書いておきます。」と書きながら、日曜日に「わぁ~!書いてない!」と思い出し、あわてて書きました。ソプラノの方にしか歌詞が書かれてないので、アルトの音符の下に歌詞を書かないと歌えないのです。それと、ひらがなを漢字に書き直して意味をつかめるようにしました。その下準備のおかげで悩まずに歌えました。

それと、発声ですが、下アゴやノドの奥の力を抜くことができて、楽な発声ができました。この調子で声楽のレッスンもできたらいいなと思います。

8月は夏休みの意味もあり、一回だけの練習です。

今年の発表会の予定を先生が考えておられて、候補の日にちのうち、みんなが出られそうな日にちを言いました。あとは会場押さえができるかどうかです。次の練習日には決まっているかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック