ガムラン音楽(4/11)

合唱の練習から帰り、ほっとしていると、、おやこ劇場の例会でガムランの日だったと思い出しました。ちょっとめんどくさいなあとは思いましたが、ガムランは一度聞いてみたかったのででかけました。


来てくださったアーティストはハナジョスというお二人でした。
http://hanajoss.net/
2002年11月にジャワ島ジョグジャカルタで結成されたジャワ芸能ユニット。

日本人の女性、佐々木 宏実さんとインドネシア人の男性、ローフィット・イブラヒムでした。しかも、ハナジョスのスタジオは南茨木にあるそうです!


本格的なガムラン(音楽)と、ワヤン(影絵)を、日本人にわかりやすく、ほとんど日本語で、たまにインドネシア語を織り交ぜて公演をしてくださいました。

途中で、紙の馬にまたがって踊るお祭りの様子を再現するのに、客席の子供達に呼びかけられました。「お父さん、お母さんもどうぞ!」ということでしたが、大人は誰も出ませんでした。私はちょっと興味がありましたが、興味はMAXではなく、黙っていました。次に「楽器をやりたい人おられますか?」と問いかけられたので、これは行かなくちゃと、興味MAXになり、「楽器やりたい~」って名乗り出て、金属のお椀を伏せたような楽器を叩かせてもらいました。

名前がわかりませんが、検索ではクトゥ(平置き型のこぶ付きゴング。)かな~と思ったり。もしくはクンピャンかな。2個並んでる物と左に小さなゴング(つり下げられた物)1個。この3個を教えてもらったリズムの通りに叩きました。

http://saisaibatake.ame-zaiku.com/gakki/band/p_gamelan.html

私のリズムに合わせて子供達が紙の馬にまたがって踊っていました。楽しかったです!音がほんわかとのんびりしていますね。音階も好きです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック