あれ?いつの間にか1ヶ月?

毎日、今日やることをぬかりなく出かけ、荷物も間違わずに持って出るということに集中していたら、前回書いた記事から1ヶ月経っていました。

最近は何をやっているかというと、ギターの練習、パントマイムの練習、声楽の練習。練習、練習ばっかりです。練習に伴ってそれぞれに必要な下準備。楽譜やら音楽選びやら。

でも、練習はちゃんとすれば確かに成果は出ますね。

ギターは一番好きな「シャコンヌ」。バッハのバイオリンパルティータ第2番 BWV1004。
この曲は長いので、譜面の整備が難しいです。小さくすると見えないし、普通のA4サイズではどこでめくるか、です。何回も作り直し、いつも、これでいいかなと満足して練習するのですが、何年か経つとまた不満が出て来てやり直してます。覚えたらいいのですが、かなり危険。覚えるということは忘れると隣り合わせ。やっぱりちゃんと楽譜を見て弾くことにします。

パントマイムは自分の作品を作ってます。15年程前にだいたい仕上がっていたものを音楽を変えたり色々手直し。これもまだまだ途中です。集中して一人になれる時間と場所が必要です。

声楽は今年、ずいぶん成長しました。一人で試行錯誤しているうちにだいたいちゃんと声を出す理屈がわかってきました。身体全体のことです。あとは、いかにそれを実現するか、ですね。発声する前の身体の準備を歌っている時に、一つ一つのタイミングをはずさず出来ることが、成功のカギですね。それが練習。



他にはナタリー・デセイのオペラのDVDを買ったので、切れ切れの時間ながら見ています。
ほんとに輸入DVDを、たくさん揃えました。

以前の記事。
http://cloudland.at.webry.info/201309/article_4.html
http://cloudland.at.webry.info/201411/article_4.html

映画「椿姫ができるまで」で練習風景を撮影していましたが、その公演のDVDが見つかりました。偶然でした。ナタリー・デセイならなんでもいいやあ~と思って買ってみたらそれでしたから、驚くやらうれしいやらです。

他には「ジュリアス・シーザー」(ヘンデル)、「マノン」(マスネ)、「ペレアスとメリザンド」(ドビュッシー)
METでの公演ばっかり見ているので、演出が違って面白いですね。

さて、カレンダーを見ると、6/21の合唱の練習はお休みして雀三郎さんの独演会に行ったのとコカリナはお休みだったので、ブログに書くべきこととしては、6/4と、7/2のクロスロードですねえ。そして、7/5の合唱の練習。あ、そうだ。今日7/7はコカリナの練習なので、それも。

また夜にでも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック