パントマイム教室(8/6 クロスロード)

今日のクロスロードは今までになく、たぶん、初めての面白さだったと思います。毎回色々新鮮なことがあるのですが、印象的でしたねえ。

利用者さん4名。

いつも来てくださる方と、若い学生さん(男性)と、途中からちょっとやってみようかなあって思った人が2名。

パントマイムは初めての方が多かったので、それではまずボールからやってみました。本物のボールを使って投げたり受けたりしてから、それを横へ置いて、なにも持たずにボールを投げたりしていました。

すると、学生さんが、「あの~、バスケットボールでもいいですか?」って聞かれたので、バスケットをやってもらいました。私は細かいことは知らないので、バスケットボールの特徴、動きだとかについて聞きながら、どうしたらいいか考えていきました。短くてもちょっとした作品っぽくまとめたかったので、友達は回りにいるのか、友達はどういう動きをしているのか教えてもらいました。それで、まあ、ゴール3回くらいはやったら、ちょっとした作品になるよ~って言って練習してもらいました。

それが、まあ、なんというか、すんごい上手なんです。ほんとにパントマイムっていうのはやり方を習うのではなくて、本物を持ったり目の前にしたりしていなくても、目に浮かぶ=想像できる人には、とっても簡単なのです。言ってみれば、持っているか持っていないかにはなんの違いもないのです。

彼はそういうタイプでした。ボールも友達もゴールも全部見えているのです。と思います。雰囲気でわかります。
私は持っていた若者っぽい音楽のCDをかけて、演じてもらいました。

それから休憩の時に雑談をしていて、マニュアル車とオートマの話をしていました。私は運転はできませんが、ちょっとは見たことがありますので、そんなことを聞きながら、クラッチ、ブレーキ、アクセル、なんかガタンガタンと切り替えるやつとか、そういう成り行きで、じゃあ、車に乗ってみよう~って、ことになりました。

椅子は使います。ドアを開けて座って、エンジンかけて、etc.

彼は車に乗る時、屋根に頭があたらないように、頭をよけて座りました。見事です。

そんなことをしている時に女性の方が「今からやってみてもいいかな~?」って参加されました。この方も、また、ほんとに色んなことをいつもやっていた通りに思い出せる人で、ずいぶん盛り上がりました。

最初ははしごを登る練習をしていたのですが、彼女ははしご登りは得意だそうで、力のかけ方やはしごを持った時は長いからゆらゆらしないように持たないといけないとか、細かく覚えているんですよね。それから、公園にあるものをひととおりやってみました。ジャングルジムやブランコ、すべり台、シーソーなど。

普通の教室ではやらないですねえ。全部、地面から足が離れる物ばっかりで、悩みますからねえ。それが、私の方が「へえ~、ほう~~」と勉強になりました。シーソーなどは、足に負担がかかって私は2~3回しかできませんでしたが、「片方が地面に着いた時って、上にいる人、飛び上がるでしょ。」って。それに「地面に着く時もお尻が痛くないように少し足を着いてドンと行かないようにするでしょ。」って。ほんと、ほんと。

先ほどの彼のバスケ。彼女は見てなかったので、最後にもう一度お願いして、演じてもらいました。やっぱりこういう人ってたまに出会うんですよねえ。たのしかったです!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック