コカリナ練習日(11/10)

たった1ヶ月しか経ってないのに、私のやってることが多すぎて前回のことが思い出せません。日時を間違わずに行けるだけでもよかったと思います。


今日は私の頭もあやふやになっているので、これから練習する歌をきっちり決めることにしました。

「翼をください」
「恋はみずいろ」
「浜辺の歌」

この3曲にしました。たぶん、また来年4月くらいにはボランティアに行くかもしれないので、それまで、がんばって練習していきます。

「翼をください」はハ長調にしたので、楽譜は簡単ですが、音域が高く、その為三連のコカリナを買ったのでした。音域が高いというだけではなくて、コカリナをパンフルートみたいに隣りの管へ移動しないといけないことが、一つの大きな問題でした。それと、高い音を出す為にには息を細くしないといけないのでした。

三連バリトンをメンバーが買ったのは9月でした。初めて吹いた時は買ったことを悔いるくらい、どうにもならなかったのでした。私は買わなかったので、どこがどう難しいのか、どうしたら解決できるのか、さっぱりわからなかったので、結局私も買うことになりました。私には普通に吹けたので、そんなに難しく思わなかったのでしたが、そこそこアドバイスが出来たのがよかったと思います。

まず息の使い方ですね。みんなはちょっと息が太いのです。細い息と勢いですね。「TU-TU-TU」とタンギングをするとお腹に力が入り、するどい息が出ますから、きれいな音になります。

それと管の移動のことですね。いちいちくわえ変えているのでテンポが送れます。それは唇の深いところでくわえているからです。それは細い息とも関連しますが、火を起こす時のような冷たい細い息を出そうと思うと唇の端っこでくわえることになります。そしてハーモニカのようにくちびるをすべらすと早いスピードで隣りの管へ移動できます。

そういう練習も繰り返しました。

9月にはせっかく買ったのに、どうしよーというくらい吹けなかったのに、なんとか曲になってきました。これで、先の見通しがついてきて、みんなの顔も笑顔になってよかったです!

「恋はみずいろ」は元々ト長調なのでファに#がついています。それに加えて臨時記号で#があちこちについていますので、今までになく、手強い曲ですが!!みんなできていますねえ~~!!\(^O^)/すごいことです。月1回でほんとにノロノロとした練習ですが、続けているとできるようになるもんですねえ!!素晴らしいです!!


メンバーの一人が最近になって声楽の個人レッスンを受け始めたので、その先生が「翼をください」の伴奏を録音させてくださったそうです。合わせてみると、これはコカリナの音程が下がらないので、いい練習になります。いつでも言ってくださいねえ~と言ってくださっているとのこと、これからが楽しみです。他の曲の伴奏も入れてもらおう思います。うれしいな!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック