コカリナ練習日(1/19)

コカリナの練習も新年を迎えました。早速ですが、4月に合唱のグループがまた施設へボランティアへ行くことが決まりました。コカリナのメンバーが勤務しているところなので、コカリナの演奏もさせてもらってます。


コカリナの練習はもう何年も続けていましたが、発表する場がなくて困っていました。合唱がその施設へ行くことになってから、ついでにコカリナの演奏もさせてもらい、もう2回演奏しました。おかげで、一年の目標になりました。やっぱり何か発表しないとだらけてしまいますねえ。

合唱の方も演奏曲数が少し減らすことができるので、喜んでくださっているし、私達の練習の発表をすることにも理解してくださっているので、うれしいです。

昨年に発表した後、新しい曲を決めて練習していましたが、本当に行く日が決まるとやっと本気になります。時間のことも考えて今年は2曲にすることにしました。

「翼をください」

普通の楽譜は変ホ長調で書かれていますが、これではコカリナはかなり大変になるので、ハ長調に書き替えました。すると、高い音が普通のコカリナでは音が出ないので、三連のを買いました。すると、管の移動がかなり難しいそうです。それと高い音はそれだけ息を絞らないといけないのできれいに出ないそうです。(私にはなんてことはないんですが。)その為なかなか練習が進みませんし、ちゃんと音が出ないとやる気をなくしてくるし…。

それでも、施設での演奏が決まると、やっぱり腹が据わったという感じで、真剣に取り組んでくれるようになりました。


「浜辺の歌」

こちらは簡単ですぐに吹けるのであまり演奏しませんでしたが、「翼をください」でちょっと苦労しないといけないので、こういう気楽な曲も入れてバランスを取ろうと思ってます。



実は「恋は水色」も練習していたのですが、ト長調の♯に加えて臨時記号が満載で、非常に難しいです。でも、この難しい曲を練習したことで大きな負荷を経験して、「翼をください」がやたらと簡単に思えたという、笑い話みたいな話になりました。色々発見があるものですねえ。こういう経験を喜んで笑って練習してくれるメンバーなので、だんだん上手になるんですねえ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック