Andre Mehmari Live

初関西公演でした!
滋賀県のフィガロホールでした。


IMG_20190915_130102.jpg
IMG_20190915_132606.jpg


フィガロという名前は想像できるように、モーツァルトの「フィガロの結婚」から取っていて、モーツァルトにこだわっているそうです。客席は100席と小さいですが、アコースティックな音楽が合うホールです。デザインも落ち着いた雰囲気でホールを見に行くのも目的になると思いますよ。

Andre Mehmari(アンドレ・メマーリ)を知ったのは2008年頃?Hamilton de Holanda(マンドリン)とのデュオのCDでした。更に詳しく話すと、インターネットのラジオでジャズのチャンネルを目的もなくBGMとして聞いていたことがありました。その時にたまたま「Continuous Friendship」というCDをかけてくれていました。ポルトガル語では「Contínua Amizade」です。ラジオではCDのタイトルとかが表示されるので、すぐに買いました。この中に「It Happens」という曲があり、これは「Acontece」というのがポルトガル語のタイトルです。CARTOLAが歌っています。この歌が聞けたのはすごく嬉しかったです。

Andre Mehmariが気に入ったので次に買ったのは「CANTO」です。この中では「CAIS」という曲がすてきでした。これはミルトン・ナシメントの曲でした。「Continua Amizade」も入っていました。色々関連があって面白いなあと思いました。それからは徐々にCDが増えていきました。

サインをもらう時に話したのはそういうCDの話しと(こんなに長くは話してないと思いますが)、それと一つ前から疑問があって、それを尋ねました。
「Na!」っていうタイトルの曲があって、これは大好きなんですが、意味がわかりません。聞くとこれはNá Ozzettiっていう歌手がおられるので、その人に捧げた曲なんだそうです。二人でCDも出しておられますが、私は買っていませんでした。やっと謎が解けてうれしかったです。

2009年の衝撃を受けたCDについて書いています。ここを起点に、今に至る。
Hamilton de Holanda "It Happnes"


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント