テーマ:武満徹

フルートとハープの武満の海へ(7/5)

ザ・フェニックスホールからのDMで知ったコンサートでした。武満さんの曲のコンサートなので、是非に聞きたいのでした。 フルート:増本竜士 ハープ:荒木まどか フルートもハープも高校生の頃にはあこがれた楽器です。ハープは生で聞くのは2回目くらいです。 自由席でしたので、2階席のあちこちをうろうろして、結局舞台の真上のハー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マタイ受難曲のコラール

Wenn ich einmal soll scheiden(私がこの世を去る時)。昨日、高校生の時の音楽の教科書を見ていたら、偶然この曲が載っているのに気がつきました。50年近く経って、初めて知りました。 マタイ受難曲を知ったのは20歳頃。武満徹を知ったのは没後10年の2006年頃。高校生の頃は全く知らなかったですから…。1ページ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「映画「どですかでん」WOWOWにて放送」について

「映画「どですかでん」WOWOWにて放送」について 録画しておいたのをようやく見ました。なんとも不思議な映画でした。だんだん目が離せなくなる映画ですね。 黒澤明監督についてはほとんど知りませんので、ゴチャゴチャ言いません。 「どですかでん…、どですかでん…」と言いつつゴミ置き場みたいな広場を走っているという場面が題名に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「どですかでん」WOWOWにて放送

9月17日(月・祝)夜9:00から。 黒澤明監督の初めてのオールカラー作品。 ということより、私は、音楽が武満徹だから興味があります。どういう風に映画に使われているのか、つけられているのか、知らないから見てみたいです。 「どですかでん」って電車の走る音を口で表現した言葉なんですねえ。普通だったら「ガタンゴトン」って…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「3/18(金)BShi 「武満徹 八ヶ岳に響く」」について

「3/18(金)BShi 「武満徹 八ヶ岳に響く」」について BShiなので無事に番組変更されることなく録画できていました。(ほっ…) ゆっくり鑑賞している時間がないので録画確認のみしました。最初ほんの少しだけ見ましたが、タイトルバックの曲は「波の盆」でした。八ヶ岳と武満徹の関係も短い言葉でナレーション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ティータイムコンサート武満徹SONGS

「行けるものなら行ってみたい」について 行ってきましたっ!!林美智子+野平一郎のオール武満プロ。 ふーーん。「行けるものなら行ってみたい」なんて殊勝なこと書いてたんですね。(笑)こんな言葉の舌の根も乾かない内にチケット買ってるじゃありませんか~。 声楽のレッスンは楽器店がお休みの時もあるし、先生の都合で変更になることも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVD「NHKクラシカル 武満徹~マイウェイオブライフ~ ドキュメンタリー 作曲家 武満徹の軌跡」

9月にもう予約開始されていたみたいでしたが、ずっと忙しくてメールをきちんと読んでなかったので、今頃になって気づきました。只今予約受付中。 検索は「NHKクラシカル 武満徹」であちこち出てきます。 今一斉に予約受付中のようです。 11月26日発売。 DVDとブルーレイがあるらしいです。 2枚組。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行けるものなら行ってみたい

武満さんの歌のコンサート。公演日を見て目を疑いました。チケット発売が今年の1月26日。(CDの紹介を追加しました。) 林美智子さんのCD買っています。 武満徹「うた」あれこれには載ってませんねえ。2008年ですから。まだ紹介してなかったかな?林美智子さんの名前が出ている記事はこちらでした。「林」違いだった… CDは紹介し…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりの武満徹CD鑑賞

いつも寝る前に聞いているCDの色々に少し飽きてきて、買ったままになっているたくさんの武満徹のCDから一枚を選びました。「From me flows what you call time」。 この曲のエピソードは何かでチラッと聞いた感じは残っています。武満さんの声で「From me flows what you call tim…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「林」違いだった…

映画「崖の上のポニョ」で第二の主題歌といえる「海のおかあさん」を歌っている人は、林正子さん(ソプラノ)でした。武満さんの「SONGS」のCDを出されたのは林美智子さん(メゾ・ソプラノ)でした。 どうも名前を覚えにくい頭で、申し訳ありません。 「崖の上のポニョ」も見たんですよ。きれいな歌声なので、やっぱり最近声楽ブームなの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クラシック倶楽部 - ザ・タロー・シンガーズ(10/15)

NHKで放送されます。NHK衛星第2(BS2) 10月15日(水)10:55~11:54 NHK衛星第2(BS2) クラシック倶楽部 ザ・タロー・シンガーズ ア・カペラの世界 ▽武満徹作曲「小さな空」「うたうだけ」ほか ~NHK大阪ホール(録画) 出演 / ザ・タロー・シンガーズ http://ho…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

YouTubeにて(武満徹追悼)

武満さんが亡くなられた後のテレビ番組を見つけました。まだ悲しみが生々しいです。 ●YouTube:Takemitsu the last TV appearance(谷川俊太郎) ●YouTube:武満徹が残したものは(立花隆) ★2008.6.6.追記★ かおたいまさんのコメントがありましたので、リンクを…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

武満徹「うた」あれこれ

ややオタクっぽい性格の私はなんだかいつの間にかCDと楽譜をたくさん集めていました。持っている本なども参考にうた・合唱の作品をまとめてみました。ポップスというより『声のための作品』といえる音楽で、聞いたことがない題名も出てきました。 CD:持っているものを発売順に。 ★関屋晋指揮晋友会合唱団:武満徹 混声合唱のための〈うた〉:…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

鈴木大介ほか『夢の引用』(CD)

2006年9月6日発売から約半年経ってやっと購入しましたが、私のお気に入りの1枚になりました! 正確なタイトルと演奏者: 鈴木大介、ブランドン・ロス、ツトム・タケイシによる武満徹映画音楽作品集『夢の引用:武満徹映画音楽作品集/Quotation of Dream ~Love and Soul of Tor…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武満徹 (河出書房新社 KAWADE道の手帖)

河出書房新社から武満徹没後10年を記念した特集本が出版されていることを知りました。 河出書房新社 KAWADE道の手帖 武満徹 没後10年、鳴り響く音楽(イメージ) 定価1,575円(本体1,500円) 没後10周年記念企画。 没後すぐの本とか、今年発売された他社の特集雑誌(音楽の友、芸術新潮、ミセス)などでは読んだこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いずみシンフォニエッタ大阪定期演奏会(9/23)

武満徹が亡くなってもう10年になる -- 4つのコンサート こういう企画の内の最後のコンサートに行ってきました。(ブログに書くのが遅れています。) ロビーコンサート:   「小さな空」「死んだ男の残したものは」をブラスアンサンブルで。 演奏曲目: 3つの映画音楽(弦楽オーケストラのための 1994/95)   訓…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ギター演奏会(9/10)

年2回開いているギター仲間との演奏会。実は発表会の為の練習会でもあります。今日で第9回となりました。 あみだくじで演奏順を決めます。だいたい真ん中辺りで約10分間の休憩をはさみます。ほんとにいつものメンバーで、演奏者がお客というような気楽な会でも、やはり緊張して危うい箇所を間違う、そういうことで、自分の足りないところを発見すること…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武満徹が音楽の教科書に…かぁ

若い友達が言ってました。音楽の教科書に「ノヴェンバー・ステップス」の作曲者として武満徹が載ってたと。歳の差を感じました。 「たぶん中学か高校の教科書だったと思う」とのことでした。 私の音楽の教科書には載ってなかったなあと思いましたが、それもそのはず。「ノヴェンバー・ステップス」が作曲されたのは1968年。 岩城宏之…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

NHK-FM ヨハネ受難曲(7/27)

ふとFMをつけてみるとバッハの受難曲をやっていました。最初、ヨハネだと思ったけど、マタイかなあ、ヨハネかなあ、やっぱりヨハネやろなあと思いつつ聞いていました。 昨年1年間は自分だけのバッハ年と称し、4大合唱曲を1年かけて聴いたので、要所、要所のドイツ語は聞き取れるようになっていました。番組の途中で曲がカットされ、演奏曲目や演奏者の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小室等・谷川俊太郎「やさしさの定義」

6/29 NO GOOD WITHOUT YOU~やさしさの定義~ 出演:小室等、谷川俊太郎、続木力+谷川賢作=パリャーソ 小室等さんのコンサートはもう20年ぶりくらいになるかもしれません。でも若い頃はよく聞いていて、FMの「音楽夜話」も聞いていたし、私もPPMが好きだったので日本のフォークよりはアメリカのフォークの方が好きだっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

武満徹 Vision in Time まとめ

私的には昨年から準備を始めていたビッグイベントでした。全く私的な感想をまとめました。 これまでの経過: 2005.03.31.:東京オペラシティコンサートホール - タケミツメモリアル 初めて行った日はコンサートのない日で静まりかえっていました。 武満徹 Vision in Time: 2006.6.16.:武満徹-V…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

岩城宏之さん亡くなられる

4月には車椅子で指揮をされた、5月には代理の人が指揮をされた、などのニュースを見て、お元気じゃないのかなと心配していましたが、とうとうですか…。なんとも、辛いです。(T_T) 「没後10年 武満徹特集(京響) 2/18」について 今年(2006年)は武満徹没後10年ということで、あちこちで武満プログラムの演奏会が開かれています。…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

武満徹のギター曲

練習しているのですが、自分の思う通りに演奏できるか否かは置いといて、色々面白い発見があります。 武満さんの言葉で(どの本で読んだか忘れてますが)「ギターのための12の歌は覚えている好きな曲をアレンジした。」とのことでした。口ずさめるくらいに覚えておられたのでしょうね。 ■Over The Rainbow 武満さんにはど…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

芸術新潮 5月号

特集:はじめての武満徹 2006/4/25発売 1400円 京フィルのコンサートの帰り、知らない人だけどだいたい同年代の女性2人と話ながら帰りました。その人達は「武満徹ってすごい人らしい」と聞き、日本海側から京都までコンサートに来られたのだそうです。その会話の中で、予備学習として「芸術新潮」5月号を買って少しだけど読んで来られたこ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都コンサートホール

今年になって2回行きましたが、ホールの持つ雰囲気がなんともいえず心が和みます。 1階から螺旋状に通路があり、歴代の指揮者や、演奏者の写真を見ながら歩くと2階の大ホール、更に3階の小ホールへ着きます。 通路が囲む真ん中のスペースは大きな空間になっていて、床はエッシャーのだまし絵のような模様になっているので、上から見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武満徹の世界 4/30(京フィル)

京都フィルハーモニー室内合奏団 第146回定期公演。武満徹没後十年記念 武満徹の世界 2006年4月30日(日)14:30開演 京都コンサートホール 小ホール 指揮・ピアノ:野平一郎 【プログラム】 1.雨ぞふる Rain Coming(1982) 2.カトレーンII QuatrainII(1977)   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武満徹 響きの海 室内楽全集1~5

アンサンブル タケミツのライブ録音。買ってしまいました~。 5枚組(CD10枚)ということでちょっと迷っていたのですが、このCDが出来たいきさつを読んで、やっぱり買っておこうと決心しました。 ここで演奏しておられる方々はみなさん武満徹の立ち会いの下に演奏されたことのある方ばかりです。 武満さんが亡くなられて10年の間に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more