テーマ:クラシック

いずみシンフォニエッタ大阪定期演奏会(9/23)

武満徹が亡くなってもう10年になる -- 4つのコンサート こういう企画の内の最後のコンサートに行ってきました。(ブログに書くのが遅れています。) ロビーコンサート:   「小さな空」「死んだ男の残したものは」をブラスアンサンブルで。 演奏曲目: 3つの映画音楽(弦楽オーケストラのための 1994/95)   訓…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Hiroshi IKematsu "Ave Maria" (CD)

8月19日(土)偶然にNHK-FMをつけてピアソラの「タンティ・アンニ・プリマ」を聞きました。ベースのソロでした。NHKの番組表で演奏者の名前を知り、早速CDを注文しました。 このメロディはどこかで聞いた気がしますが、ピアソラだとは思っていませんでした。CDを探すとタイトルが「Ave Maria」となっていて、落ち着いた曲ばかりが…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

岩城宏之さん亡くなられる

4月には車椅子で指揮をされた、5月には代理の人が指揮をされた、などのニュースを見て、お元気じゃないのかなと心配していましたが、とうとうですか…。なんとも、辛いです。(T_T) 「没後10年 武満徹特集(京響) 2/18」について 今年(2006年)は武満徹没後10年ということで、あちこちで武満プログラムの演奏会が開かれています。…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

「マーラー「さすらう若人の歌」~F・ディスカウ,フルトヴェングラー」について

「マーラー「さすらう若人の歌」~F・ディスカウ,フルトヴェングラー」について 大阪万博(EXPO '70)ではドイツ館と鉄鋼館とキリスト教館しか行かなかったのです。全部音楽を聞きに回っていました。 EXPO '70 ドイツ館でLPを買ってきました。 高校生の時はフィッシャー=ディスカウのLPの「美しき水車屋の…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

LP・ヴィヴァルディ「グローリア」

1979年2月23日 NHK-FMで録音した音楽のLPを、つい先日27年ぶりに、初めて手に入れました。 録音したカセットテープは何度も何度も聴き、耳に覚えるくらい好きな曲でした。私が一番好きだからという理由で友達にそのカセットテープを貸してあげました。もう20年くらい前になると思います。返してもらってないのですが、私の頭には音楽が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

没後10年 武満徹特集(京響) 2/18

京都市交響楽団 第485回定期演奏会 没後10年 武満徹特集 2/18(土)18:00開演(17:00開場)(20:17終演) 指揮:岩城宏之(首席客演指揮者) ナレーター(系図):吉行和子 アコーディオン(系図):山岡秀明 尺八(ノヴェンバー・ステップス):三橋貴風 琵琶(ノヴェンバー・ステップス):首藤久美子 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

クリスマス・オラトリオ

バッハ四大合唱曲のCDボックスを聞き通す最後の曲になりました。 昨年12月にマタイ受難曲を聞き始めてからなんとか最後のクリスマス・オラトリオにまでたどり着きました。予定より遅れ遅れて、11月も少ししか聞けず、あっという間に12月になりました。クリスマスまであと20日…。クリスマスには聞き終えるつもりでしたが、たぶん1月もまだ聞いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミサ曲ロ短調 BWV232 ---2

今日は11月1日。予定の10月が過ぎたので今日で聞き納めです。「ミサ曲ロ短調 BWV232」について 7月~9月の予定でしたが、あまりちゃんと聞けてなかったので、1ヶ月延ばしましたが、やっと曲と曲の空白部分で次ぎの曲が頭に浮かぶようになり、私としてはこれで合格になりました。 最高に好きな曲はグローリアの最後の曲“Cum …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舘野泉(たての いずみ)

初めて名前を聞いたのは友達の好きなピアニストだったからでした。 テレビで美智子皇后さまと紀宮さまの特集をやっていたのを一部偶然に見ました。その時、皇后さまが言葉を無くされた時に舘野泉さんがピアノを演奏されたと言っていました。 舘野泉さんのインタビューの時に左手だけでバッハの「シャコンヌ」を弾いておられました! ピアノを…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ミサ曲ロ短調 BWV232

7月~9月で聞き通す予定が少し遅れています。 私が決めた予定なので、他人には全くどうでもいいことなんですが、一応整理しておきます。今年は7月下旬~9月上旬まで体調が悪いところへクラシックギターの演奏会が3回もあり、それぞれに演奏曲目が違うので、練習に追われていました。そんなことでミサ曲ロ短調を聞き込む回数がかなり減ってしまいました…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヨハネ受難曲 BWV245 --2

「ヨハネ受難曲 BWV245」について 歌詞対訳のサイトを見つけました。 3月頃から聞き始めてずいぶん耳に慣れてきました。CDに付いている歌詞は文字が小さくてかなり疲れます。それでも「マタイ受難曲」の時はそれでがんばったのですが、もう根気がなくなって歌詞をわからなくてもいいかなあ…と諦めかけた時、対訳のサイトを見つけ俄然またファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨハネ受難曲 BWV245

今年は自分で勝手に「バッハ年」と決めて、バッハの四大合唱曲を聴いたり、バッハの曲をギターで練習したりしていこうと思っています。 「マタイ受難曲」に続いて、今は「ヨハネ受難曲」を聴いています。 ◆まずは気楽な感想から。 マタイに比べCDが2枚組で約1時間くらい短いです。ちょっと気が楽です。初めて聞いたのですが、曲調がかなり明…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ピエ・イエス~しみじみヴォイス

こんなCDを買ってみました。 「元の曲はちょっと長いので全部聞く自信がないなあ…」と思う人にはお勧め!フォーレのレクイエム、マタイ受難曲、クリスマス・オラトリオなどから有名できれいな歌が収められています。ちなみに※印はミシェル・コルボ指揮です。 《レクイエム》より「ピエ・イエス」(フォーレ)※ ラシーヌの賛歌(フォーレ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バッハ「リュート組曲第3番ト短調 BWV995」

今ギターで練習しているところなのですが、思い出などの整理の為に書いてみようと思います。 バッハ「リュート組曲第3番ト短調 BWV995」 プレリュード/アルマンド/クーラント/サラバンド/ガボットI&II/ジーグ ♪♪♪ リサイタルで聴いた演奏: ■1988.9.30. 松永一文リサイタル(ギター)   初めてこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Paul Simon "American Tune"

「マタイ受難曲」がらみでの話題。"American Tune"という歌のワンフレーズは「マタイ受難曲」の有名な“受難コラール”なんです。 MIDIの紹介: ~ MIDIで聴く ~J.S.BACH マタイ受難曲(全曲) "American Tune"に使われている曲。 第17曲 コラール 「わたしはここで、あなたのそばにとどま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

タルコフスキー「サクリファイス」

武満徹のことを書くより更に気恥ずかしいのですが、「マタイ受難曲」というと避けては通れないタルコフスキーについて書いてみます。 (「気恥ずかしい」とか書くと、またうさぎのつるさんが同じこと言うので、余計に恥ずかしさが増すのです…。) タルコフスキーという名前を聞いたのはまだ1年半くらい前(2003年)のことです。ギタリストの清…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

ミシェル・コルボ「マタイ受難曲」2/16

私のビッグイベントは終わりました。楽しかった。感動した。予習をしといてよかった。 2/16 シンフォニーホール 18:30~20:10 第1部(音楽の第2部へ入り、ユダの否認の後の「アリア(Erbarme dich, mein Gott)」「コラール(Bin ich gleich von dir gewichen)」まで) …
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

タイトルの意味

はじめに: 昨年のギター発表会が終わって以降、私の新年度が始まっています。毎年、テーマの違う年を過ごしてきていますが、今年は特に「バッハ年」と決めました。若い頃から好きだし、何度か挑戦していますので、今更という感じではありますが、自分の年齢を考えるともうのんびりしていられないと思う今日この頃です。それほどバッハは演奏するには難しい…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more