テーマ:映画

"Calling You"(Bagdad Cafe)

もういつだったのか覚えてないが、WOWOWで放送してくれた映画「バクダッド・カフェ」。その主題歌が"Calling You" 妙に心に残っている歌。 2010年に経営者が変ってしまった京都みなみ会館。2~3年間はよく映画を見に通ったことがありました。その頃に見られなくてポスターをロビーで見ていました。 「落下の王国」も同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ハンナ・アーレント」

11月末に京都シネマで公開されたのは知っていましたが、ずっと忙しい時期で行けなかったのです。大阪でも上映していたと思いますが。 もう何週間にもなるので、終映しているだろうと思っていたら、つい最近テレビで今話題になっている映画だと紹介されていました。 オフィシャルサイトはこちら。 http://www.cetera.co…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「椿姫ができるまで」

東京では9月28日公開。その後こちら大阪でも10/5から上映されます。主演はナタリー・デセイ。演出をしている時のドキュメント映画です。楽しみにしています。 オフィシャルサイト http://traviataetnous.jp/ WOWOWでメトロポリタンオペラを色々見ていますが、慣れてないうちは誰が誰だかさっぱりわからなか…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ハムレット

先週、WOWOWでハムレットをやっていたので録画しておきました。1948年、ローレンス・オリヴィエ主演の映画でした。白黒映画。昔見た映画とか色々思い出しています。 1948年の映画というと、私はまだ生まれてない時です。ローレンス・オリヴィエという名前も、なんかすごく有名な俳優、シェークスピアの他の映画にも出てたとかしかわかって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルヴォ・ペルト「アリーナ」(CD)

注文してからすぐには届かなくてヤキモキしましたが、今日無事に届きました。映画「ジェリー」の挿入曲が入っているCDでした。わけもわからず、とりあえず「鏡の中の鏡」を聞きたかったのでした。 録音が1995年7月となっています。作曲年は「アリーナのために」が1976年、「鏡の中の鏡」が1978年だそうです。映画も知らなかったし、曲も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェブラーシカのオルゴールと同じ

チェブラーシカのお友達、ゲーナの家にある手回しオルゴールは、「僕がいない場所」の主人公が持っている手回しオルゴールと同じです。 チェブラーシカはロシア。 僕がいない場所はポーランド。 北欧の辺りで普通にあるオルゴールなのでしょうか。 オルゴールの写真はこちら。 http://cloudland.at.webry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ロボジー」WOWOWにて

ロボットの写真が大きく載っていたので、とりあえず録画しておいたのでした。コメディです。わかりやすい話で、いわば、先が読める内容ですが、それでも面白かった! オフィシャルサイト:http://www.robo-g.jp/ 矢口史靖監督の作品だそうです。他の映画見てないので監督の名前を聞いてもよくわかりません。 細かい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「瞳は静かに」WOWOWにて

最近は映画館へ行ってないので、WOWOWで時々映画などを見ています。助かります。「瞳は静かに」はアルゼンチンの映画だったのでスペイン語が聞けるなと思って録画しておきました。 原題は「Andres no quiere dormir la siesta」(アンドレスはシエスタなんてしたくない)です。この原題と邦題の差は何かというと、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鏡の中の鏡(アルヴォ・ペルト)

きままにクラシックで初めて聞いた曲ですが、背筋がゾッとなくくらいステキな曲でした。色んな映像が浮かんできます。楽しいことや悲しいこと、なんにでも合うかなあと想像がふくらみます。 http://www.youtube.com/watch?v=B8qg_0P9L6c できたらやはりCDで聞きたいなと思いました。Y…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「映画「どですかでん」WOWOWにて放送」について

「映画「どですかでん」WOWOWにて放送」について 録画しておいたのをようやく見ました。なんとも不思議な映画でした。だんだん目が離せなくなる映画ですね。 黒澤明監督についてはほとんど知りませんので、ゴチャゴチャ言いません。 「どですかでん…、どですかでん…」と言いつつゴミ置き場みたいな広場を走っているという場面が題名に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「蜂蜜」(7/5)

この「蜂蜜」についてはNHKラジオ深夜便で紹介していたので、これは見てみたい!という衝動にかられたのでした。今もなかなか思うように自分の時間が取れないのではありますが、これは見なければ!と思ったのでした。 ラジオでの紹介では「父親がロバを連れて森の中を歩いている」と言っていました。『ろば!』ろばが出てくるんだったらぜひ!と思いまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「J.S.BACH BWV639」について

BWV639とTVドラマ「花埋み」(はなうずみ)について 「J.S.BACH BWV639」について バッハのオルガン小曲集の中のBWV639を初めて聞いたのはテレビドラマに使われていた時でした。すぐにレコードを買いに行きました。 ウィキペディアで調べると次のような説明がありました。一部引用。 花埋み(はなう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「落下の王国」

昨年に録画しておいたのをようやく見ました。京都みなみ会館へよく行っていた頃、上映されていたのでしたが、予定が合わなかったのか、それほど興味がなかったのか、とにかく映画館では見なかったのでした。 ちょっとは興味があったので、WOWOWで放送されたのを録画しておいたのでした。 「落下の王国」はうたい文句としては「きれいな映像…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

チェブ大人買い

ローソンでチェブのお菓子2個買うとファイル1枚もらえるという情報をもらい、あわてて買ってきました。ピンクのファイルはもうなかったです。今年冬の映画と連動しているようです。 チェブラーシカ新作とくまのがっこう
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「映画館」について

「映画館」について RCSについてかなり詳しく書いておられる記事を見つけました。 代島治彦「ミニシアター巡礼」第8回 “さすらいのギャンブラー”の旅路に終わりはない~RCS(京都府・京都市) たまたまなんですが、私が忙しくなってきて、4月以降京都みなみ会館へ行けていません。タルコフスキーは九条のシネヌーボで見たし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

チェブラーシカ新作とくまのがっこう

今年2010年12月18日公開されるそうです。 http://www.cheb-kuma.com/index.html チェブラーシカの新作と日本のアニメ「くまのがっこう」の二本立てなんだそうです。吹き替えで…。小さい子向けなのでしょうねえ。 上映劇場の一覧はよくわかりませんが、T…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

J.S.BACH BWV639

"Ich ruf' zu dir, Herr Jesu Christ"(主よ、私は汝の名を呼ぶ) ギターの楽譜買いました。PHILIP HIIの編曲です。 タルコフスキーの「惑星ソラリス」を見てからこの曲が頭にずっと流れています。 ギターソロの楽譜なんですが、二段に書かれています。この楽譜は6弦=D、♭一つ。…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

タルコフスキー、2DAYS(5/15&16)

シネ・ヌーボで5月8日~21日までタルコフスキーの映画7本を上映しています。平日なにかと忙しく、土日でようやく2本を見てきました。「アンドレイ・ルブリョフ」「惑星ソラリス」 シネ・ヌーボ(大阪市九条) http://www.cinenouveau.com/index.html ざっと数えて100席くらいの映画館。初めて…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画「ラッチョ・ドローム」(3/31)

滋賀会館シネマホールが今日で閉館。そして私の好きな「ラッチョ・ドローム」が映画館で見られる…、今まで他のことと重なっていて日にちが取れなくて、とうとう最後の日になってしまいました。ノドが痛いのに行ってきました。 「ラッチョ・ドローム」(よい旅を)が最後の上映でした。さすがに人がいっぱい!!!!もうほんとに驚きの人数です。いつも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「はなればなれに」(3/14)

京都みなみ会館が今日14日でいったんお休みします。4月からまた新たに出発するそうです。映画配給をプロデュースしていたRCSとの提携が終わるので何かが変わるのでしょう。 今日は最後の日で日曜日。たくさんのお客さんで溢れていました。 「はなればなれに」は今日一回だけの上映でしかも『おすすめの傑作『はなればなれに』は、未公開の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀会館シネマホール

3月31日で滋賀会館という県の建物の使用が出来なくなります。31日まで上映するというので映画のタイトルを眺めていたら、「ラッチョ・ドローム」がありました!3/26~31 滋賀会館シネマホールの上映は3月31日迄!RCS名作映画特選(映画館からのおすすめ!) 滋賀会館シネマホール 「ラッチョ・ドローム」とは「よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「映画「ベジャール、そしてバレエはつづく」」について

「映画「ベジャール、そしてバレエはつづく」」について 今日テアトロ梅田での初日。見てきました! ベジャール、そしてバレエはつづくOFFICIAL SITE 今日から2週間限定公開。3月12日まで。 上映時間は ▼2/27(土)・2/28(日) 11:35/15:25(~16:55終) ▼3/1(月)~3/5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画館

RCSというところから封書が届いて、その名前をすっかり忘れていたことに気づいたのでした。いつも映画を見に行く京都みなみ会館や滋賀会館シネマホールの映画配給や企画をしている映画会社の名前でした。 私が京都みなみ会館で申し込みをした会員証を見ると「RCS MEMBERSHIP」と書いてありました。この会員証やスタンプカードは滋賀会…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

古いアメリカ映画「わかれ道」

むか~し、たぶん高校生くらいの時、友達と映画館へ見に行った映画が「わかれ道」だったと思います。 覚えているのはタイトルの「わかれみち」。漢字とかカタカナとかそういう表記は覚えてなかったけどたぶん「わかれみち」。かなりあやふやに覚えていて、内容で覚えているのは白人女性と黒人男性の結婚が人種差別でできなかったということ。たぶんこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「映画『アンナ・マグダレーナ・バッハの日記』」について

「映画『アンナ・マグダレーナ・バッハの日記』」について 行ってきました!いやあ!滋賀会館シネマホールに着いてびっくり!かなりの人がおられました。といってもたぶん20名くらい。でもこの人数はすごく多いのです。 土曜日のせいもあるかもしれませんが、私がよく行く平日の午前11時なんかは、閑散としてますからねえ。(比べられないか…)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『アンナ・マグダレーナ・バッハの日記』

滋賀会館シネマホール、2/10~2/14、16:35~18:15。(15&16休映)以降時間を変更して上映予定。 『アンナ・マグダレーナ・バッハの日記』 1967年/西ドイツ・イタリア/94分 監督・脚本:ジャン=マリー・ストローブ、ダニエル・ユイレ 音楽:レオ・レオニウス 出演:グスタフ・レオンハルト/ク…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「扉をたたく人」(滋賀会館シネマホール)

ジャンベとフェラ・クティに興味を持って見てきました。映画『扉をたたく人』(原題:The Visitor) ビジターという言葉は「ビジター/会員」という風に使い分けしているように外から来た人、訪問者、お客さんという意味ですね。この映画でもアメリカに住む権利を持ってない人、つまり不法滞在者のことを指していると思います。主人公の大学教授…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「地下鉄のザジ」

久しぶりに映画を見てきました。古いフランスのコメディだということだったので面白いかなあと思って。田舎から出てきた女の子がパリの地下鉄に乗りたいというのですが…。 地下鉄のザジ [完全修復ニュープリント版] http://www.zaziefilms.com/zazie/ 1960年/フランス/93分 ザジフィルム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォレスとグルミット

孫と行くつもりだったけどおたふく風邪のため行けなかったので、私一人で見てきました。面白かった! 新作「ベーカリー街の悪夢」 サブタイトルっていうわけでもないけど、「パン人は誰だ?!」って書いてあるので、「犯人は誰だ」のシャレですが、こっちの方が覚えやすいです。今回の話はパン職人だけを狙う「パン屋さん連続殺人事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more