虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS Paul Simon "American Tune"

<<   作成日時 : 2005/03/05 13:26   >>

トラックバック 0 / コメント 3

「マタイ受難曲」がらみでの話題。"American Tune"という歌のワンフレーズは「マタイ受難曲」の有名な“受難コラール”なんです。

MIDIの紹介:
〜 MIDIで聴く 〜J.S.BACH マタイ受難曲(全曲)
"American Tune"に使われている曲。
第17曲 コラール 「わたしはここで、あなたのそばにとどまる」

武満徹のギター曲「フォリオスIII」に使われている曲。
第62曲 コラール 「わたしがいつかこの世を去るとき」


ポール・サイモンのこの歌はソロになってから出した「ひとりごと」というLPに入っていました。
幸いというのか、先に私はマタイを聞いていましたので、初めて聞いた時から「あ、マタイのコラール使ってるな…」と思って聞いていました。なんでこれが「アメリカの歌」なんだろうとか、全然深い意味を考えることもなく長年経ってしまいましたが、ブログを書くにあたり調べてみました。(っていうか検索しただけ…)それにナンカ意味づけしないと、最初の1行だけで、終わってしまいそうなんですもん。(^^ゞ 私も読ませていただき、よくわかりました。さすが!Paul Simon!!

ポール・サイモン「アメリカの歌」が語るもの(こちらは新しいURLになっています)
文中のリンクから歌詞について詳しい文章が読めます。
文中のURLが変わっています。こちらからどうぞ!!

http://ongakuyawa.net/musiker21/psimon_index.html

http://ongakuyawa.net/musiker21/psimon16.html



さらにこちらのサイトの方はタブ譜と音源を載せておられます。
更新履歴 2004/10/13の更新からリンクしています。
10月13日はPaul Simonのお誕生日なんです!それに合わせるなんて、さすがファンですね〜。
音源はカラオケになっています。歌をご存じない人にはメロディはわからないです…。でもこのサイトの人の生演奏です!すごいです!私も楽しんで歌ってみました。あ〜、しあわせ!


私はサイモン&ガーファンクルの時代よりソロになったポールの方が好きです。(『より好きだ』という意味で、S&Gの歌は結局身体に馴染んでいるのですが。)LPやらCDやら色々買い集めてしまいました。ポールは自分のオリジナルに世界の音楽を取り入れているので、知らず知らずのうちに私も民族音楽も聞いています。歌詞も重要なんですが、音楽だけでも複雑な構成になっているので、あまり歌詞の意味を考えることもなく聞いてしまってます。いや、ほんと、訳を読んでも難しいんですよ。わかるところだけわかったつもりで聞いているんでしょうねえ。



2013.6.18
YouTubeで探してはいなかったのですが、今日偶然この曲が出てきたのでリンクしておきます。こちらはソロです。
http://www.youtube.com/watch?v=AE3kKUEY5WU&NR

上記に紹介したサイトの方が作っておられた『カラオケ』(?)はこちらのバージョンです。
http://www.youtube.com/watch?v=h0wIbgDVp5c

Paul Simon performs "American Tune" at 2011 Induction Ceremony
http://www.youtube.com/watch?v=06Gmp0Xvm1Q
(挨拶が何を言っているのかよくわかりませんが、最後の方の「I'm a little disappointed group 1.」だけ聞き取れました。が〜、なにか皮肉っているのでしょうか?みんな笑ってます。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
tokeisouさん、こんにちわ!
読んでいただいてありがとうございます。
「マタイ受難曲」を全然ご存じないと、探すのも大変なので、MIDIですが紹介しておきますね。
Paul Simon "American Tune"
第17曲 コラール 「わたしはここで、あなたのそばにとどまる」
http://homepage3.nifty.com/chosei/midi/mathew17.lzh

武満徹 ギター曲「フォリオスIII」の一部
第62曲 コラール 「わたしがいつかこの世を去るとき」
http://homepage3.nifty.com/chosei/midi/mathew62.lzh

このサイトのトップはこちら。
http://homepage3.nifty.com/chosei/

マタイには、このコラールは何度も調を変えて出てきます。
子供の頃、歌っておられたのですか!すごいギャップだわ〜〜。(汗)
tico
2005/07/11 15:47
MIDIへのリンクを本文に載せておきました。
tico
2005/07/11 16:20
うちのほうへもコメントしていただいたみたいでありがとうございました。
その上わざわざ調べてくださって、恐れ入ります。
どうもありがとうございました。
あとで聞きにうかがおうと思います。
<第17曲 コラール 「わたしはここで、あなたのそばにとどまる」

素敵な曲名ですね。"I'll Be With You Here."
普通のpopsでも良く出てくるフレーズだ、なんて。(笑)
tokeisou
2005/07/12 01:43

こよみ

Paul Simon "American Tune" 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる