虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS DROPS TRIO meets 村治進(SteelPan) 11/17

<<   作成日時 : 2005/11/18 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

初めての会場、コモンカフェへ行ってきました。

コモンカフェ[CommonCafe]
大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F
(地下鉄谷町線中崎町駅4番出口上がる徒歩1分、梅田から徒歩10分)
   Tel. 06-6371-1800
コモンカフェの説明は文末に書きます。



清野拓巳のオリジナルバンド、Drops Trioにスティールパン演奏者の村治進をゲストに迎えてのライブ、どんな音になるのか、清野さんのギターと合うのか、心配しながら行きました。


スティールパンという名前よりもスティールドラムという名前で私は知っていました。同じ物だと思いますが…。民族音楽が好きな私はCDを1枚持っていました。そのCDはトラディショナルな音楽らしいです。カリブ海にあるトリニダード&トバゴ共和国が発生地だそうですが、楽器はカリブ海の島々で演奏されているようです。

スティールドラムはドラム缶の底をでこぼこにして(それにより音の高低が出来る)半分に切って浜辺で焼いて海に放り込んで焼きを入れる…と本で読んだことがあります。

 「民族楽器をつくる」関根秀樹著(創和出版)
 「母と子の民族楽器づくり」藤原義勝(美術出版社)

英語のサイトですが、作り方やチューニングなど詳しく書いてあります。
The Pan Page


そういう予備知識の為やや心配もありましたが、村治さんのスティールパンは清野さんのギターの音色とよく合い、フレーズもジャズらしい雰囲気でした。(たぶん、カリプソの時はまた違う音やフレーズで演奏されるのでしょう。)
村治さんの音はこのCDの音に近いです。かわいい音です。「スティール・ラブ」

元来、楽器や音には興味津々の性格の為、ライブの休憩時間に村治さんにあれこれ質問に行き、楽器も触らせてもらいました。チューニングの図のように、ドレミがゴチャゴチャに並んでいます。この方が弾きやすいしコードも作りやすいのだそうです。ちょっと叩いたくらいではそこまではわかりませんが、適当にあちこち叩いただけでなんか音楽っぽいメロディになるのが面白かったです。この気分はカリンバと似ています。メチャクチャな割りにそれっぽく聞こえるというシロウトにも楽しめる感じです。大きな楽器なので買ってみようとは思いませんでしたが、カリンバみたいに小さかったら買ってしまいそうな危険性を感じました。(笑)


ではコモンカフェの説明を。
『common cafeはさまざまなジャンルに関心を持つ日替わりマスター・企画スタッフにより共同運営されています。』
主旨に賛同してくださるオーナーを募り、登録した日替わりマスターがライブや演劇などを運営していく新しい形で文化的な空間を作っていこうとされています。貸しスペースとしての営業はしておられません。私が行った日(毎週木曜日はオレペコ企画が色々なライブを開催しておられます。お酒、おつまみ、軽食などもあります。初めての場所はちょっと億劫になりますが、地下鉄の駅から近く、行きやすい場所にありますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
オレペコ企画のライブ情報。
http://red.ap.teacup.com/orepeko/
2006年2月9日(木)清野拓巳(ギター)ソロ/村治進(スティールパン)ソロ&デュオ

かなり面白そうな感じです。

tico
URL
2005/12/09 00:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

DROPS TRIO meets 村治進(SteelPan) 11/17 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる