虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 声楽レッスン13

<<   作成日時 : 2006/04/17 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

先週ファの音がきれいに出たのは、やはり幻だったのか…。いや、欲がなかったので、力がうまく抜けてたのですね。自分の身体をコントロールするのって、立体視と似ていると思います。

今週は「よし!」と思ったり、横隔膜の練習をしたり、腹筋を鍛えようと思ったり、色んな邪心があったのか、先生に「身体中に力が入ってますよ!」と言われてしまいました。かわいそうに思ってくださったのか「鼻炎のお薬のせいかしらねえ〜。」と付け加えてくださいましたが、私は先週と全く違う自分をひしひしと感じていて、しかも何をどうしたら楽になれるのか全くわからず、なんとも落胆してしまいました。ホント泣きたいくらい情けなかったです。

もう一度初めから、横隔膜で呼吸をコントロールする基礎的な練習方法をしてくださいましたが、先生に言われるようなことは何一つ出来ず、ガッカリの上塗りでした。でも、ほんの少し、長さにして10センチくらい(?)、そう、先生と一緒に声を出しているロングトーンの長さですが、一回だけ素直な声になって、先生も「ほら、今同じになりましたよ。」って励ましてくださるのですが、すぐにまた何やら違う方向へ向いてしまいました。「またやっといてくださいね!」と、レッスンが終わりました。

それが4/14金曜日。しばらく声を出すのがこわいくらいでした。
昨日16日、一人で練習していて、ふと気がつきました。

いつもいつも、ノドのどの辺から声を出したらいいのか、そんなことばかりに捕らわれている自分に気づきました。先生はノドのことは考えずに横隔膜だけで空気を送ると声が出ますからとおっしゃったこと、すっかり頭から抜けていました。『そうか、横隔膜だ。』声を出さずに横隔膜だけで息を吐いて吸って…を繰り返して繰り返して。たまに『あ、今胸呼吸になった。』と気づく時もあるようになりました。

こわごわ、声を出してみました。

うまく響かないことの方が多いのですが、繰り返していると、先生の言われるように、そして先週澄んだ声になった時のように、鼻からおでこにかけてビリビリ響くこともあります。響かない時はたぶん舌根が横へ開いてノドを狭めているような気がします。

こんなことを繰り返しているところですが、ふと「3D絵本」のことを思い出しました。

参考:絵本の紹介ではありませんが、立体視の出来る絵があります。
マジック・アイ、視力の良くなる(?)3D絵本の作り方 (Life is beautiful)
濃い青の長方形が、奥にあったり少し出っ張っていたりして、深さが5段階くらいになっています。

3D絵本は一度ブームになったことがあって、私も3冊くらい持っています。立体視が出来るようになると、お風呂場の普通のタイルでも、防音用の規則正しい丸い穴でも、立体に見えてとても楽しいです!

初めはなかなか立体視が出来なくて、ほとほと疲れてしまいましたが、ふと出来ることがあると、あの感動はもう忘れられません!!平面の絵が水槽の中のように奥行きが出てすごくきれいです!あの時の『どうしたら出来るのだろう』と思っていた自分と、今、声が素直に出ない自分が重なってきました。立体視も力が入ってると出来ないのです。

先週きれいに声が出たのだから、力が抜けると出るはずです。自分を信じて、コントロールを身につけようと思います。まだまだ大丈夫!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
tiko様
 大変ご無沙汰しております。
レッスン毎の「浮き沈み」のような感情本当によくわかります!なんだか鏡をみているようで、わたくしにとっては心強かったです(ごめんなさい。。)
 でもそうやって自分で体感していくしかないのですよね。先生は、自分の教えたい感覚をいろいろな比喩で伝えてくださいますが、その感覚が伝わった!と思うときにすごくうれしさを感じるそうです。
 でも同じ比喩が違う人には伝わらないことも多いそう。教える側も教えられる側も日々勉強ですね。
 わたくしもかなり「スロー」に上達目指して頑張っております!
Hime
2006/04/20 09:25
こんにちわ!
明日のレッスンが少しこわくなってきています。でも、ちゃんと行きますよ。出来ないのは当たり前、出来ないから習っているのですからネ。
クラシックギターを習っていましたし、今は教えてもいます。先生の気持ちは百も承知です。ギターも先生の言われることを身につけるまで5年くらいかかりました。それも上がったり下がったりの緩やかな曲線を描きながら上昇していきました。あの経験があるので、あまり挫折感はないです。(ちょっとがっかりはしますけどネ。)これからもがんばります。(^_^)b
tico
2006/04/20 12:17
3Dステレオグラムですね!出始めた当時から大好きですよ。確か並行法と交差法の2種類の見方があって、私は並行法のほうが得意で好きでした。交差法で見ると絵がちっちゃくなってしまうので…。
自分の意識下でコントロールしにくいという面で歌とよく似てると思います!
むらりんQ
2007/08/15 08:46
へえ〜!並行法と交差法というのがあるのですか!それは知らなかったですが、たぶん私も並行法だと思います。百均で買ったブタさんの並んでいるランチョンマット(プラスティク)をじーっと見ていると5匹のブタさんが6匹に見えて前後に奥行きが見えるのです。(笑)
tico
2007/08/15 12:20
交差法すると寄り目になります(笑)本から飛び出て見えるのが交差法の良いところ。絵によって効果的な見方は変わるので、両方使い分けられるとまた楽しいです。
むらりんQ
2007/08/15 22:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

声楽レッスン13 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる