虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しい展開へ(声楽16)

<<   作成日時 : 2006/05/12 21:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

「メッツォかもしれませんね…」と先生の出された結論。最初の先生に習ったのが12月、今の先生に引き継がれたのが2月。約半年経ちます。

発声練習は本当にきちんと基礎をしっかり教えてくださっているので、私が多少下手だとしてもやっぱり、あまりにも高い声が出なさすぎるので、ちょっとこれはおかしい、ソプラノではないかもしれませんね、という話でした。

というのは上のミは多少ましに出るようになったものの、ファがかなり出にくく、先生は「裏声出せますか?」と言われました。「ずっと裏声なんですが。地声は下の(一点ハの)ミかファ辺りで裏声になります。」と私が言ったので、地声と裏声を出してみました。それから一点ハのドから下へ下へ音を下げて発声してみましたが、私はオクターブ低い(点なしのハの)ドまで楽に出ます。それからまた上へ上へ発声してみると、二点ハのミと、かすれ気味にファが出て、そこでおしまい。

先生に説明する時間があまりなかったのですが、これは小学生の頃から同じです。私が子どもの頃では歌謡曲の島倉千代子さんが地声と裏声がある音ではっきり分かれていましたので、私も同じだなあと思っていました。小学校の唱歌というと、ほとんどが一点ハから二点ハの間くらいの歌なので、いつもどこで地声から裏声に変えるか、かなり苦労していました。

中学・高校の音楽の時間では二点ハのミ♭まで出たのが最高で、ミが出ないという劣等感がありました。

そういう経過がありましたので、先生の「メッツォかもしれませんね…」という言葉はすんなり受け入れられ、たぶんそういうことなんだろうなあと納得しました。練習したらもっと出る人もおられるのかもしれませんが、あまり無理をして声帯を痛めてはいけないので、低い目の歌を練習することにしました。先生が何か探してくださるそうです。今日はブラームスの子守歌を引き続き歌いました。これはミ♭が最高音ですので大丈夫です。

しかも、メゾソプラノということになれば、今まで習った頭に響かせる声はそのままなんですが、少し胸に響かせるようにしてくださいと言われました。先生がメゾの声で歌われるとソプラノの時とは違う少し太いというか落ち着いた声が出ています。先生ってすごいです!!

先生は声帯についての説明を少ししてくださいましたが、たぶんこういうことではないかと自分なりに解釈しました。

ギターの1弦と2弦の違いのような感じでしょうね。2弦を1弦の場所に張ったことがないのですが、(こわくてそういう事できないです。)音程が同じでも丸い音が出るのではないかと思います。そうそう、ギターの1弦でソファミと弾いてから音色を変える為に2弦でソファミとわざと弾くことがよくあります。

とにかく声帯を痛めないこと、それを先生は一番気にしてくださってるので、今後この方向で練習をしていきます。でも、まだ本当の発声が身に付いたわけではありませんので、色々と注意点を出来るようにならなくてはと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
声楽家は長命?
読書仲間の一人が柳兼子のドキュメンタリーの上映をしたい!と思いたち、ささやかな集 ...続きを見る
ごめんなさい
2006/05/15 17:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
声楽に取り組んでいられるのですね。奥深い!!
声について、引用とトラックバックさせていただきました。
ぽこ
2006/05/15 17:13
トラックバックありがとうございました。
「ごめんなさい」というタイトルのブログなんですね!危うく削除しそうになりました。(汗)ふーっ!危なかったです。私の声楽はまだまだ入り口で試行錯誤の最中です。大変みたいに見えますが、わからないことがわかるようになる喜びを感じています。
tico
2006/05/16 01:06
あらたな展開とはこういうことだったのですね。
自分を客観的にみるのは難しいですので、先生がよくみてくださると嬉しいですよね。
 私はソプラノですが、どちらかというと張らない
軽めのリリコ系が良いのでは?と先生に言われ、
めざしている声質でしたので、本当に嬉しかったです♪
Hime
2006/05/17 08:29
Himeさん、こんにちわ!
私としては子どもの頃からの悩みというか疑問が一つ解けた感じがしてほっとしています。娘に聞いてみたら、カラオケでもずっと地声で歌ってると、裏声って知らんって言ってました。普通の人はそうなのかもしれませんね。私は子供の頃から地声と裏声の戦いでしたから、うまく裏声から地声へつなげられると歌いやすいのではと期待しています。でもまだ一番難しいのは横隔膜で声を出すことですね。がんばります!
tico
2006/05/17 21:05
ギターのたとえ、わかりやすいですねー。出る声が高くても低くても、自分にあった声種というのがあるんですよねー。
私もテノールなのか?バリトンなのか?というところで模索中です。
むらりん
2007/08/18 22:58
フィッシャー=ディスカウは一応バリトンと書いてありますが、マタイ受難曲ではバスを歌っていますね。テノールでもイタリア系のテノールとドイツ系のテノールでは少し声というか歌い方というか違うように思います。

先生が昨年コロコロと変わりまして、今4人目なんですが、先生に出会う度に私の悩み・疑問点を言っています。今の先生はクラシックでは地声と裏声がはっきり出るのはかっこわるいと言っておられます。そして、私の声が低い音で裏声に変わるのも気にしないで、出来るだけ全部裏声を使うつもりで練習してくださいとのことでした。そうすると地声もきれいなポイントで出るようになりますって。自分の悩みに対して回答をいただけるのはとってもすっきりします。個人レッスンならではの関係ですね!あとはがんばるのは私〜〜!(^^ゞ
tico
2007/08/19 00:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

新しい展開へ(声楽16) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる