虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 声楽レッスン28

<<   作成日時 : 2006/08/11 20:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

今日は「ファ」の音は出ませんでした。うーん、仕方ないよねえ。


発声練習、初めての練習でメチャ早い音階練習みたいなのを歌いました。それで先生は「横隔膜は使えてますね。」と言ってくださいました。なんかそれを確かめる練習だったみたいです。

コンコーネ9番。たった一つのファが今日は詰まりました。それ以外はいいそうです。あと1回レッスンしましょうとのこと。発声練習ではファは出ているそうですから、たぶん、精神的なことが大きいかもしれないとのこと。

「甲斐なきセレナーデ」
ちょっと声が出にくいのですが、なんとか歌い、とりあえず、次から違う歌にしましょうということでしたので、私の好きな「くるみの木」をリクエストしました。どこかで舞台に出るわけではないので、ある程度出来たら(完成ではないですが)たくさんの曲に当たるということも勉強の一つですから。

実は、昨晩、あまり寝られず、普通の生活にはあまり支障ない程度の睡眠不足。そしてノドもなんかカサカサする感じで、浅い眠りの中で「明日は声楽のレッスンやのに、声でるかなあ」って思っていましたから、今日、あまり楽に出なかったことについては「やっぱり…」と思いました。先週の身体とノドの楽な状態とは全然違いましたし。

今日はあまり落胆しませんでした。
こうあるべきという感じがわかっていて、そうならない自分を実感していたということが大きいと思います。自分をコントロールすることの難しさ、それが声楽なんだと思いました。これくらいの身体の状態ならギターは弾けます。

それと他には先生が歌ってくださるのを聴くのがとっても楽しいです。ドイツ語を直していただいたり、メロディに発音を乗せるなど、注意していただくのがとっても嬉しいです。いつか思うように歌えたらいいなと思いますが、先生もやっぱり身体の状態のコントロールには気を使っておられるようで、声楽とはそういう音楽なんだと思いました。

来週はお休み。「くるみの木」のドイツ語を一人で読んでおこうと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
tico様
ブログにコメントいただきありがとうございます。
とても嬉しく感動しました。
私も発声のときはかなり高音がでるんですよ。
先生も「磨けばいい声になるのに、身体ごといってないのよね」と言われますが、私はそれがどういうことなのか、なかなか理解できないもどかしさがあります。
身体が覚えるまで繰り返しの練習が必要なんだろうなと思います。
そうしていくうちに「あ〜、そういうことだったんだ」とわかるようになるだろうと思います。(私には日々鍛錬と長い長い時間が必要)
それではまた♪
ダリア
2006/08/12 16:45
私の短い経験(9ヶ月)で言えば、やはりノドで歌ってはいけないということです。疲れていると身体が思うように使えないからノドで歌ってしまい、豊な声が出ないのです。身体という風船をふくらませ、ビーチボールの空気を抜くように横隔膜でコントロールしながシューッと押していくだけ、ノドはビーチボールの空気弁のような働き。気をつけて練習していると、お腹で空気を押しているというのがわかることがあります。歌になると歌詞だとか色んなことを考えてしまうので身体のことを忘れてしまってるような気がします。無意識で身体を使えるようになるには、まだまだ経験が必要だと思いました。私にはその為の体力作りが課題だと思います。そうそう、「吐けば吸えます。吐ききらないとだめです。」って言われました。お休みの間にたくさん習った練習方法を思い出してみようと思います。またね!!
tico
2006/08/12 17:09
確かに寝不足や疲れた状態では、声を出そう出そうとするらしく、わたくしも喉で押してしまうので、声が余計に出ません。脱力状態に慣れるのは時間がかかりますが、コンディションはすぐに分かりますよね。
 いつも参考にさせていただいています。本日はこれからレッスンですので、気をつけてうまく出ますように♪
Hime
2006/08/14 15:52
そう、私が声楽習い始めて良かったと思うことの一つに「先生の歌声が生で聴ける」というのがあります。
普段、こんなに近くで聴けることなんてないですからねー(笑)しかも独り占め!
むらりん
2007/08/28 22:16
一年前になりますね〜。全然進歩してないと思います。書いていることと出来ていることは全然別問題、わかっちゃいるけど〜、いや、きっと本当にはわかってなかったのでしょうね。試行錯誤も練習のうちって思います。
先生はそれだけのことをしてこられたんだなあと、毎週(私の場合先生がコロコロ変わりましたが、どなたも同じですね。)感心して聞いていました。話し声までもが美しいですね。先生が出演されるコンサートへ行った時、ロビーでの会話に耳がそばだっていました。内容ではなくて発声の美しさです。お友達などが多かったのではないでしょうか。一般の人とくっきり違いがわかりますね。あんな風になりたいな!
tico
2007/08/29 07:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

声楽レッスン28 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる