虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 声楽レッスン34

<<   作成日時 : 2006/09/15 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

「声が部屋に響いているのを聴いてください。」と言われました。そう!そうなのです!忘れてました、重要なこと。

発声練習、ハミングを飛ばして「アー」から。コンコーネ12番、予習していったのに、今日は練習なし。即、「くるみの木」へ。コンコーネの方をがんばってたので…「くるみの木」はちょっと練習不足だったのです。でも今日は1回目ということで、シドロモドロでもなんとかついて行ける程度で勘弁してもらいました。

発声練習は背中に息をいっぱい入れて、首の力を抜いて…と、あれやこれや考えながら声を出していました。だいたいよかったのですが、先生が「部屋に響いてる声を聴いてみてください。」と言われ、ハッとしました。

そう!ギターのレッスンでも生徒さんによく言う言葉です。一生懸命弾いているのだけど、弾くこと、弾く動作にばかり集中していると、音が詰まるというか延びが悪いというか、響きがなくなるのです。「弾いた後にギターの胴体がわぁ〜〜んって鳴るでしょ。それを聴いてから弾いてくださいね。」ってよく言うのです。

声楽では私は声を身体のどこから出してどこへ響かせて声が出ているだろうかと、そんなことばっかり考えているから、音が詰まっていたのかもしれません。ハッとして部屋の空気を聴くと、声が聞こえてきました。少し身体のことを忘れたみたいです。忘れた方がいいって先週だったかも先生に言われたのですが、まだまだ必死なので、考え考え歌ってしまいます。これから耳を澄まして聴きましょう。

ほんとに音楽って不思議なんです。ギターでも、精神的に少し変わると音も音楽も変わるのです。レッスンでは生徒さんの考えていることがよくわかるのです。この曲のどの部分が好きか、どこを迷っているかなど。声楽でもきっと先生には私の考えていることがよくわかるのでしょうね。

「くるみの木」、実はやっぱり難しい曲なんですって。私もそう思ってはいたのですが、体験の一つと思って選曲しました。また来週もがんばります!

今日は先日買ったバーバラ・ボニーのCDを先生に見せました。「あら!ボニーちゃん!」って、先生はたくさん彼女のCDを持っているそうです。リートの解釈がうまいそうです。声もきれいで、聴いていると私の首の辺りから頭へ一緒に声が抜けたようで、うまくなったような気になります。バーバラ・ボニーについては全く知らなかったのですが、「献呈」「蓮の花」「くるみの木」の3曲が入っていたので買ってみました。「蓮の花」はほんとにきれいな歌です。

一つ一つ知らない世界も見せてもらい、とっても楽しいです。声が出るとか出ないとかにこだわらずに楽しんで歌っていこうと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
始めまして^-^
「声楽」のワードでこちらにたどり着きました♪私は声楽を始めて1年4ヶ月の譜面も読めない素人ですが本日も声楽レッスンに行ってきました。
今日は背中に空気が入らず調子はイマイチでしたが、先生と雑談しながら調子を上げてまいりました笑。雑談が楽しいのですよね♪
私は声が分散してしまうらしく鼻というか目と目の間から声を集めてと注意されてます。
難しいですね〜。またお邪魔させていただきますね^-^/
どるちぇ
2006/09/16 16:45
どるちぇ様、はじめまして。
私は声楽習って9ヶ月です。まあ、月日はあまり関係ないですけどね。今のところ、あまりにも気軽に習い始めた為、声楽の深さ、難しさを痛感しているところです。歌がうまく歌いたいとは思いますが、それより現実的には身体の健康にかなりいいなと思っているところです。初めてのことを習うというのは好奇心でいっぱいになり、わくわくしています。心の健康にもいいと思います。またよろしくね!!
tico
2006/09/16 22:09
こんにちは。
歌うことに対するモチベーション上昇しっぱなしですが、まだ歌ってはいけないHimeでございます(笑)
 でも、このモチベーションは大切だそうですね。私の場合はひたすら歌いたい歌をみてけ、それにむかって行くというタイプでございます。
 今は、歌えない分、迫った本番の暗譜がメインなのですが、やはり声に出しての暗譜とは雲泥の差ですね進み具合が・・。今週末くらいから徐々に歌の声を出してみようと思っています。筋肉衰えていそうです(笑)
Hime
2006/09/22 11:10
ノドを痛めるというのは辛いですねえ。私はほとんど練習しないのです。まあ人前で歌うことが今のところないこともありますし、近所に迷惑をかけることもありますし。レッスンの30分が大きな山場です!

ドイツリートでは歌詞を歌わないでリズムの通りに読むということが大切だそうですので、そんな練習をしています。息をお腹で押していき小さな声のハミングで声帯を暖めたり、あとは体操などが主です。

イメージトレーニングは他のジャンルでも有効ですよ。きっと今までの実力で歌えますよ!!
tico
2006/09/22 15:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

声楽レッスン34 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる