虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS パーソナル防音(声楽48)

<<   作成日時 : 2006/11/17 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

家で発声練習がなかなか出来ないので、防音装置を作りました。(^_^)b
以前、声優さんにどうやって練習しているかお尋ねした時に、ブーツを当てている人もいると聞いたからまねて作ってみたのです。

カレンダーなど送ってもらった時の紙筒を適当な長さに切って、中にタオルを詰めています。

画像



口に当たる部分は顔の曲線に合わせて微妙に削っています。

画像



紙筒のままだと顔が痛いのと、終わった時に丸い輪の跡がついていてはカッコ悪いので、ハンカチかバンダナなどを巻いています。

画像



以前、独学で声を出していた時はこれで歌ったりしていましたが、習い始めてからは、きちんとした発声で練習しないとノドを痛めるので、長い間使っていませんでした。というわけで家での練習は呼吸方法か歌詞を読むくらいしかやっていませんでした。ようやく、ノドに負担がかからないようになってきたと思うので、たまにはこれを使って練習もしてみようかなと思います。

あの…、これを口に当てて練習している姿は見られたくないですねえ〜。想像しないようにね!



追加写真です。

タオルだけだと、まだ声がもれるので、ダンボールで蓋をしてみました。蓋をすると筒の中の空気が行き場がなくなったので、小さな穴を開けました。トランペットなどの弱音器の要領です。これでかなり音がもれなくなりました。

画像


筒の直径は約8cmです。鼻の下からあごくらいです。口元から少し音がもれますが、タオルなどですき間をなくすといいかもしれません。

画像


防音はうまく出来ましたが、自分の声が聞こえないので、必要以上に大きな声を出してしまうことがあります。また、ノド声にならないようにかなり注意しないと危険ですね。つまり、レッスンの時は声の響きをちゃんと聞いているのだということがわかりました。叫ばないように練習しないといけないです。腹筋で息を流すという感覚ができない内はこれを使わない方がいいような気がします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
まるで空手のよう(声楽54)
毎日三声(みこえ)程度の『遠吠え』の練習が効を奏して、少し前進できました。 ...続きを見る
虹は雲のあとから見えてくる
2007/01/19 14:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
目からウロコです!!
こういう手がございましたね♪
わたくしもまったく同じ理由で家で発声ができませんでしたので、ためさせていただきます!
これって、口をあけるので太いもののほうがよいのかしら?
Hime
2006/11/24 10:42
Himeさん、こんにちわ!
追加で写真を載せました。
「大きな声で叫ばない」というのは自戒です。聞こえない為、出し過ぎるという短所を発見しました。アブナイ、アブナイ!

また他のアイディアでその人に合うように作り替えられるといいでしょうね。
tico
2006/11/24 15:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

パーソナル防音(声楽48) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる