虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 頭で考えてはいけない(声楽121)

<<   作成日時 : 2008/01/25 16:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

前にもこんなことを書いたかもしれませんが、記事が多いので、自分の書いたことを忘れています。先週のレッスンのことを書いた時に「もっと頭を開けるはず」なんて書いたので、ちょっと力みました。

発声練習の時にも「あれ?」というノドの感じがあって、乾いている感じだと思っていたのですが、実はノドを開こうとして、力が入っていたみたいです。

コンコーネ33番。
初めての日は音符を追いかけるのが必死なので、だいたい力みます。リズムもえっちらおっちらになるし、発声もよくないです。33番は上のファがあったので、普通に力まなければ出るはずなんですが、最近ファまでの歌を歌ってなかったので、久々に緊張しました。発声練習の時と同じようにノドがカサカサと引っかかるような感じでしたが、先生がノドに力が入っていますとおっしゃったので、やっと力んでいることに気が付き、本来のあるべき身体の状態に戻り、無事に声が出ました。家に帰ってからやっと33番の歌の流れが見えてきました。来週また頑張ります。

歌は「花のまち」
音があまり高くないのですが、音の高低はほとんど関係ないですね。そういう問題ではなくて、歌詞をいかに伝えるか、歌が描く世界をいかに表すか、その為の声の出し方みたいな感じで、なかなか難しいです。でも、だんだん面白くなってきました。どっちかというと、難しいと「クソッ!!」と思う方なので、しつこく粘ります。先生はほんとにきれいに歌われます。まあ、経験が違うのですから仕方ないですけど、ああいう風に歌えたらなあとあこがれます。

力を抜くことを考えながらまた一週間…。あっという間に過ぎていくのでしょうねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ありがとうございます。忘れてました。そうそう、頭で考えてはいけないのです。体が自然にそのようにならなければいけないのです。作為があっていけないのです。自然体自然体、それが肝心であることを忘れてました。
 大切なことを、思い出させていただき、感謝です。
http://stone.tea-nifty.com/blog/
すとん
2008/01/25 19:51
自分のブログの記事検索を「力を抜く」でやってみると、たくさんありました!何度も何度も、力を抜く、力を抜くと思っていながらなかなか出来ないのですねえ。
探していたのはこの記事でした。
http://cloudland.at.webry.info/200608/article_8.html
結局やっぱり力を抜く為には胴体(お腹+背中)にキッと力を入れておかないと頭と方の力は抜けないです。首から上をいかにフワフワにするかが頭を開くことにつながるようです。また忘れないようにしないといけませんね。(こういう波が何度も来て、染みこむんでしょうねえ…。シミジミ)
tico
2008/01/25 21:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

頭で考えてはいけない(声楽121) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる