虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日はノド使ってしまったなあ(声楽137)

<<   作成日時 : 2008/05/16 15:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先週はバツグンに調子よかったけど、今日は自分でもなんかノド声が混じっているなあと思いつつのレッスンでした。すんなりとは行かないもんですねえ〜〜。


ノド声といっても、完全にノドが横に開いているわけじゃないので、上のファとかも出ますし、ハミングでもファも出ました。出たからいいわけじゃないということはもう、知ってしまったので、もっとひっかかりのない声を出すべきなのです。何がそうさせるのかはまだ私はわかりませんが、一生懸命やることで力むということはあるでしょうね。

今日一番よく言われたのは後ろへ出すこと。そう、私が自分でも書いていたことですが、やっぱり前へ出そうとするとノド声になってしまうということです。でも一生懸命そう思っていても今日はできてなかったですね。ちゃんと出来るとノドが楽だったり声に艶があったりします。

発声練習で「ろわろわ」を使って♪ドレミファソファミレド〜というのをやった時に、顔の筋肉をいっぱい動かしたら、足上げ運動で足が上がらなくなるような筋肉の疲れを感じてしまいました。これは正しいのか間違っているのか…。いやあ〜、やっぱり顔の筋肉を動かしたらいいという問題ではないだろうと、自問自答してます。もうちょっと、もう一回根本に立ち返って「ろわろわ」をやってみなくちゃ。できてると思うと、ちょっと気が抜けるんですねえ。愚かなこと。

コンコーネ38番も音程が取りにくいですねえ。しかもオクターブとかポンと上がるので、身体やノドやらがきっちり出来ていないと歌えないですねえ。最近は色々なことが自転車操業になってしまっているので、ちょっと時間がある時に楽譜の読み貯めしておかないと間に合いませんねえ。これからどんどん難しい曲になりますから。ガンバ

「まちぼうけ」
やっぱり今日はちょっとおかしかったですね。「い」「え」が少し落ちてきました。でもがんばります。ちょっとずつ、ちょっとずつ、違う毎日ですから。何かが溜まっていくことを祈りつつ。



余談ながら声楽の発声というのはギターでいうと右手なんじゃないかと思うようになりました。無意識の世界で、一番の基礎で、行く先は「思ったらその通りに演奏できる」ということですね、きっと。直接、音として出て行くところですから、これが出来なかったら聞くに堪えない音楽になるんでしょうね。

だから、ここは時間がかかってもちゃんと身体に染みこませる努力をしなくちゃと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>声楽の発声というのはギターでいうと右手なんじゃないかと思うようになりました。

 へえ、そう言われると妙に納得する私でした。もっとも、ギターの右手と言ってもticoさんの場合はクラシックギターだから、かなり難しめの右手でしょうね。右手は確かに無意識に動くようでなければ、曲になりませんものね。
http://stone.tea-nifty.com/blog/
すとん
2008/05/17 01:27
クラシックギターでも右手は左手より難しくないような気がするんです。というか、きっと私はもう無意識にやりたいようにやってるんでしょう。たまに生徒さんが「ここは何の指使ったらいいですか?」と聞かれると「え?私はどうしてたっけ?」と改めて確認しています。そういう意味で発声に神経使っているようでは表現に意識が行きませんもんね。それほど重要な練習なんだと改めて気を引き締めて身につけようと思いました。

他にも先生の注意を聞いていると私がいつも言っていることと同じ内容の言葉があって、何が出来ていないかがよくわかります。結局音楽にとって大事なことは同じなんだろうなと思いながらレッスンを受けています。声楽では技術が未熟な為色々出来ないことばかりですが、方向性はきっと同じだと思います。そう思うと面白いですね!
tico
2008/05/17 12:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

こよみ

今日はノド使ってしまったなあ(声楽137) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる