虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS ほふくぜんしん(声楽177)

<<   作成日時 : 2009/06/05 19:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

1週間休みだったからかなあ。コンコーネ48番が初回だからかなあ。昨日はレッスンでしゃべりっぱなしだったからかなあ。


「鼻と耳と笑顔と目」を気にして、お腹で押すこともやって、低い音になってもお腹の支えを忘れないようにして。つまり、自分ではやってるつもりだったのに、アゴだとか、ノドを縦にだとか、なんで出来てないんだろうなあ。先生の注意を受けてなんか瞬間的にスーっとした声が出ることもあるのになあ。ある意味、こわがっているということもあるけど。それだけではないしなあ。うまく声が出た時はすべての準備が万全に整っているということはわかるけど。いつもその感覚で歌えたらいいんだけど。


コンコーネ48番

8分の6らしく歌えてない。
音を追うのに必死。
音が突然上がるところはお腹の準備をして、音と音のすき間で息を流す。これがうまく出来ている時はすんなり気持ちよい声が出る。まだまだ注意がおろそかなんだろうねえ。


お菓子と娘

不思議なことにコンコーネで出ない音が歌ではなんの苦労もなく出ます。順番的に発声に慣れてきたからとも言えるけど、その歌に慣れてきているせいもあるかもしれない。

それよりも、歌詞を話すように歌えることが大事になっているし、ほんとに短い間に感情表現が変わっていくねえ。

しかも!!!
私にこうしてくださいと先生がお手本に歌ってくださるのを聞くと
「おーーーー!!」とびっくりします。なんとも説明ができないのでやめておきますが、言葉と音は全く違えてないのに歌の表情が全く違うのです。(ギターではそれが出来ているのですが、声楽ではまだまだです。)すごく納得します。あんな風に歌いたいなあと思います。


今日からお盆休みまで、レッスンのお休みはないので、ここら辺でもう少し身につけたいなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
>不思議なことにコンコーネで出ない音が歌ではなんの苦労もなく出ます。

 不思議ですよね。例えば、発声練習では出せない音が曲だと使えたり、その逆だったり、たぶん音の配列で同じような音でも、出しやすかったり、出しづらかったりするんでしょうね。あと、母音で歌いやすさが違ったりなんて事もあります。

 それと体調、特に睡眠時間の多寡で音が出せたり出せなかったりもします。ほんと、不思議だと思います。
すとん
2009/06/06 00:54
すとんさん、ほんとにそういう現場っていうか実地というか、その曲に即した難しさがありますね。
ブログを書いてからまだなんでかなあって考えていたのですが、ちょっとこれかなって思いついたことがありました。結局お腹の空気をいかにポンと出すか、押すことだけではなくていつ準備をしてどの勢いで出すかってことが重要なんだろうと思いました。それで歌の練習というのは「音を取る」「発音」「歌詞の意味を考える」などが出来るとともに、身体の準備の練習でもあるんでしょうね。何度も歌っていくとちょうどいい準備が出来てくるように思いました。コンコーネはまだ音楽として馴染んでないので、音を追いかけていると予測できてないところがありますので、出ないのかもしれません。

睡眠は少し足りなかったかもしれません。前日はハードだったし。

それ以外に「アゴが前に出てる」「口が横に開いている」という注意は自分で気づいてなかった(そんなことはしていないつもりだった)ので、ショックでした。もっと違う練習方法を考えなければ直らないですね。
tico
2009/06/06 12:23
またまたなんでか、どういう意味なんだろうと考えていました。

音楽の一曲って例えれば道だとかスキーのコースだとかいうものではないかと。ただ、私は車の運転もスキーもしないので、もうちょっと自分にわかりやすいものはないかと考えると「障害物競走」がありました。

どこにどういう障害が置いてあるか知らずに走り出すとオロオロするしなかなかクリアできませんが、何度も同じコースを走っていると何回目かにはこの先に何があり、それに自分はどう対処したらいいか予測がつくようになり、軽々とゴールできるように思います。(何度も同じ障害物競走をしたことはないですが)
ゲームでも似たことが言えるかもしれません

ですから、音を取るだけでなくてどういう注意が必要なのか自分の練習でも気づけるようになったらいいのですが、まだ、注意されて初めて「あ、そうか…」と気づく程度の経験なんだろうと思います。しかもわかってないから、声が出ないことにあせって素直に息が通らないんですね。
今はまだそういう実力しかないんだと思います。
だからレッスンに通っているのですもんね。
tico
2009/06/06 12:58

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

ほふくぜんしん(声楽177) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる