虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 合唱の練習14

<<   作成日時 : 2012/07/15 17:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はソプラノ2人、アルト2人でほっとしました。前回はソプラノ3人とアルト私一人でドキドキでしたので〜。(笑)

前回はじめて楽譜をいただいた「川の流れのように」が、まだ練習充分ではないので、まずはそれから。私は2回目でしたので、前回終わったあと自習しておいたので前よりわかりました。低い方のラの音が出にくかったのですが、声楽レッスンで発声を直してもらって、少しましに出ました。


私の場合、合唱の練習も声楽レッスンの復習みたいなところがあって、ブログには毎回レッスンの様子を書いてはいませんが、今日も発声の私の欠点を直すべく、一生懸命注意したつもりです。

レッスンでいつも注意されるのは下アゴが出るということです。もう何年も注意されているし、出さないようにしようと思っているのですが、無意識にやっているというか、口を開くと下アゴが出てしまっているような状態で、それを直さないと、ほんとの意味で楽に抜ける発声にはなりません。でも、ほんとに少しずつ少しずつ、自分のクセの自覚が出てきて、鏡を見なくても感覚でアゴの形を感じることが必要です。

それと、ノドをもっと楽にして、風が通り抜ける感じを身につけることです。低い音では少しそれが感じられましたが、高い音になるとやはり無意識にアゴを出してしまうので、風の通り道を狭めてしまって、抜けた声になりません。それを出来るようにすることです。

合唱では個人的な注意は受けられませんが、レッスンの復習を自分でやっているつもりです。でも、まだ充分できているわけじゃないですが…。いや、がんばります!出来るようになれば、今までの苦労も吹っ飛びます!もうちょっと、もうちょっとと思ってます。

合唱の公演の時に先生にレッスンを受けている人はソロを歌わせてもらっています。プログラム的にも変化が付くし、時間も助かるし、生徒の練習にもなるしで、一石二鳥…三鳥という感じですねえ。私もレッスンで注意されていることをなんとか公演の時までに改善したいという思いもあるので、合唱に参加することがとても役に立っています。同じ先生がやっておられるということは、教え方にブレがないので勉強になります。(^O^)v

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

合唱の練習14 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる