虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 合唱の練習16(公演)

<<   作成日時 : 2012/07/29 13:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月に呼んでいただいたデイケアーセンターで歌ってきました。今日はソプラノ6人、アルト3人。アルトは心細かったですが、バランスを聞いているのは指揮をする先生のみぞ知る…。


何度も歌っている歌は徐々に慣れてきて自分にも余裕ができて、ソプラノの声も少し聞こえるような気がします。でも、なんかで読んだのですが、「合わそうとするのではなくて、各自の歌をきっちり歌えば自ずと合ってくる」のだそうです。まさに自分が楽器ですね。音程を微調節するようなあいまいな楽器では使いにくいですからね。

プログラム

1.ビリーブ
2.日本の四季(メドレー)
3.私のソロ:浜辺の歌
4.翼をください
5.川の流れのように
6.ソロ:蘇州夜曲
7.ソロ:サウンド・オブ・ミュージック
8.あすという日が
9.みなさんと一緒に「夏の思い出」
10.見上げてごらん、夜の星を

歌好きなご老人もおられて、ご存じの歌は一緒に口ずさんでおられました。「夏の思い出」は、歌詞カードを職員さんが全員に配ってくださって、私たちもみなさんの身近に立って歌いました。お客さんのご老人が「この歌(夏の思い出)があったらええなあと思ってたら、やっぱりあった!!気持ちが通じたんやねえ〜!」と喜んでおられました。お年寄りが喜ぶ歌ってどんなのがあるでしょうねえ。なんか仕入れてこないといけないですねえ。


私は午前中の練習の時のソロは歌うのが久しぶりだったので(レッスンが一回休みだった)細かいことを忘れていました。本番では注意を思い出して歌えました。鼻呼吸の練習をかなりしたので、息が抜けやすくなったように思います。次のレッスンの時の出来るようになったのかどうか、わかると思います。自分では先生の言われた通りに気をつけているつもりでも注意されるので、まだ本当の意味でよくわかっていません。でも、以前よりは、ノドが閉まったなあと思った時には自分で広げていけるようにはなったと思います。合唱の曲でもソプラノとユニゾンで歌う箇所があって、その時に自分の発声がちゃんと出来ているか確認ができます。

次回の公演の予定は決まっていませんが、先生のところの個人的な発表会が12月にあります。合唱も出演するので、予定が重ならなければ私も出演したいと思います。出られる時はどんどん出ることで、勉強になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

合唱の練習16(公演) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる