虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 合唱の練習27

<<   作成日時 : 2013/05/26 11:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は4人で、ソプラノ2人、アルト2人でした。3月から練習している曲ですが、最近月1回になっているので急速には進みませんが〜。


練習している曲は「WAになって踊ろう」「手紙(拝啓 15の春)」の2曲です。

今日も2人ずつに分かれてパート別の音取りを20分ばかりして、それから合わせて練習しました。私は3月から参加していますが、家で復習していないので、相変わらずぶっつけです。(笑)次回6月の練習2回の内、1回は用事で休むのでまた月末に参加です。今度はもうちょっときちんと復習しておかないといけないな〜と、気を引き締めています。

先生の指導は声楽の個人レッスンと同じで、ただ、合唱の場合は個人的にできていないところを指摘してもらえないというところが違います。それで、レッスンの時のことを思い出して自分でなんとかできるように持って行く…つもり。

日本語の発音では子音をきちんと立てていかないと何を言っているのかわからない歌になります。そういうことの注意と、歌全体の表現(フォルテやピアノなど)の注意を受けて練習していきます。

私は発音が少しずつましになってくるにつれ、ブレスが足りてくるようになりました。ブレスを気にしていなくても歌えている時が増えてきました。それよりポイントの位置(鼻の奥)がずれないことと、息を支えるお腹周りの力を保つことに気をつけています。


「WAになって踊ろう」は途中手拍子(クラッピング)があります。私達の合唱はいつも楽譜を持って歌っていますので、本番の時はどうしたらいいんだろうと心配になりました。歌詞を覚えないといかないのかなあ?歌詞の言葉数が多いので覚えられるかなあ?ちょっとは努力してみようかなあ?練習の時は立って歌って、椅子の上に楽譜を置いてクラッピングしていました。




先日BSプレミアムで「うた魂♪」という映画をやっていました。高校の合唱部の話で青春コメディみたいな内容でした。声楽をやるようになると、変な顔をしないと発声がちゃんとできないので、普通の人(?)に「あんな顔して恥ずかしくないの?」と言われたりすることに出くわします。私は心の中で「しょうがないジャン…」と思って気に留めていませんが、そういう顔を指摘されて合唱部をやめると言い出した女子の話がメインテーマになっています。

面白かったので休憩の時に先生やみんなに話していたら、よくある話だとおっしゃってました。「合唱部、キモイ」って言われてるって。やっぱりみんな言われてるんですねえ〜。それを映画ではうまくまとめています。今度DVDに焼いてみんなにも回覧で見てもらおうかなと思っています。

私は合唱部の経験がないのですが、ああいう雰囲気で練習していたりするのかなと思いながら見ていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

合唱の練習27 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる