虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 合唱の練習39

<<   作成日時 : 2013/12/15 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先生主催の発表会後、初めての練習日です。今日また新しい曲をもらいました。「わたしと小鳥とすずと」「バラが咲いた」です。

今日の参加者はソプラノ3人、アルト私一人でした。

「バラが咲いた」はまた、ボランティアへ行く時の為に古い歌も練習しておこうということで。こちらはそんなに難しくないのですが、楽譜をもらってすぐに歌う…というか音取りはやってもらいましたが、ほんとにすぐ歌うという感じです。ハ長調なので、なんとか音は取れました。ちょっとダメがところもありましたが、今日は初めてなので、だいたいできれば、雰囲気がわかるような感じ。

「わたしと小鳥とすずと」は金子みすゞ作詞、石若雅弥作曲です。発表会で歌った「このみち」と同じです。

発表会が終わってから先生が「何を歌いたいですか?」と聞かれた時、一人が「これぞ合唱というのがいいですね!」と言われたので、私が「石若さんの合唱曲、このみちみたいなのがいいですね」と言ったので、先生が選んでくださいました。


私もこの歌の練習の為にソプラノのところ、メロディを一緒に歌わせてもらいました。だいたいは知っているのですが。最後の方に上のファが出てきたのでおっと!と身構えてしまいました。出る時やら出なかった時やらです。今、上のミまで出るようになってきたので、これからはレッスンでもファを目指していきたいと思います。

今日は前半まで練習しました。アルトは「このみち」の時のように難しかったです。でも、ムチャクチャだめっていうほどでもないのですが、次回の練習の時にはもう少し歌えるようにしておきたいです。

合唱の練習が終わってから、1月にある楽器店の発表会のピアノ合わせをしました。ソプラノの2人と私が個人レッスンを受けているのと、合唱のピアノ伴奏の人が発表会でも弾いてくださるのです。

私は「ゆりかご」に決めて12月から練習しています。高い音の声の抜き方、発音、ブレス、柔らかさなどが課題です。今日の合唱の時はあまり抜けてなかったので心配でしたが、ソロのピアノ合わせになるとかなりちゃんと声が出ました。本番に強いというのか、がんばってお腹に力が入るので出やすくなるのか、ドタンバの方がちゃんと歌えますねえ。(笑)3回歌いました。短い歌ですが、声がちゃんと抜けて、発音がちゃんとできなければブレスが続かないという循環になってますので、身体の準備に気を使います。ピアノ伴奏の音はいつも聞いているはずなんですが、ほとんど気にしてない感じがします。それより自分の身体のことに必死で。でもそんなに勝手に歌ってるわけでもないはずですが、でもピアニストさんはちゃんと合わせてくださいますので、自分のことに集中させてもらってます。

発表会までレッスンはあと2回。

合唱の練習はその翌週が新年第一回目です。これからも楽しく前進していきたいと思っています。

わたしと小鳥とすずと(ソロバージョン)
http://www.youtube.com/watch?v=KmYc63GxRoQ

わたしと小鳥とすずと(合唱バージョン)
http://www.youtube.com/watch?v=veL8thiUpZo

ゆりかご
http://www.youtube.com/watch?v=IbBlSeWFyAg

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

合唱の練習39 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる