虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 堺シティオペラ コンサート

<<   作成日時 : 2014/10/13 21:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

エタニティ・エイト コンサート。声楽の中野先生が出演されるので行ってきました。先生を含む4人の女性で結成されたオペラ・アンダンテでの出演です。

http://sakai-city-opera.jp/publics/index/55/&anchor_link=page55#page55

ソプラノのソロが二人、ピアノ演奏が一人、というプログラムの後、第二部でオペラ・アンダンテが「コジ・ファン・トゥッテ」からの抜粋をオペラ形式で演奏されました。

イタリア語の字幕がないので、日本語で説明の台詞を言って内容がわかるようにしておられました。歌はイタリア語でしたので、意味は全然わかりませんでしたが、感情表現と日本語の台詞とでストーリーがわかるようになっており、みなさん、笑ったりして楽しそうでした。

私はコジ・ファン・トゥッテをまだ見たことがないのですが、だいたいのストーリーがわかりました。ストーリーとしてはこれから面白くなるところですが、「結末はおたのしみです。お手元にありますブルーのチラシの通り、来年5月8日に第二回オペラ・アンダンデ公演で演奏しますので、そちらでご確認ください。」とのことで、ちゃっかり公演の宣伝に結びつけるなんて、うまい方法ですね!!

コジ・ファン・トゥッテ(Così fan tutte)の意味を検索で調べてやっとわかりました。「女はみんなこうしたものさ」っていうことだそうです。これをスペイン語に訳すと、訳す意義は私にしかありませんが、訳してみてやっとなんか意味がよくわかりました。Asi hace toda ってことらしい。「みんなそういう風にするのさ〜」って感じですね。『そうしたもの』の意味はオペラの結末を見るとわかるのでしょうね。その前にストーリーを読んだらいいんですけどね。

なんとなくドタバタで面白そうです。

コンサートでは最後にフィナーレとして4人で歌ってくださいました。(たぶんコジ・ファン・トゥッテの中の曲でしょうけど、私は全然知らないので…)私は一番前の席でかぶりつきで鑑賞していましたので、4人の声が頭から降り注ぐ感じでした。身体、全身から出てくる声はも〜〜〜のすごくデッカイです!!!もう、びっくりです。これだけ大きい声だからオーケストラで歌ってもちゃんと聞こえるんですねえ。なっとく!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コジ・ファン・トゥッテ(3/1)
連日のオペラ鑑賞です。今日のは来る5月8日に公演される「コジ・ファン・トゥッテ」の簡易版で、昨年10月に堺で見たような形式です。芦屋のアマレーナというケーキ屋さんの二階で開かれました。 ...続きを見る
虹は雲のあとから見えてくる
2015/03/03 21:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

堺シティオペラ コンサート 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる