虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽器店の発表会(12/21)

<<   作成日時 : 2014/12/23 11:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

例年は3時頃に終わるのに、今年は初めて3時から始まりました。そのおかげで、会場へ行く前に美容院へ行くことができました。


発声練習はレッスンの時に録音したICレコーダーを持って行って、バッチリやった…のに、リハではなんか、飲んだジュースのせいか、唾液が出てきて言葉に詰まりました。発声もちゃんとハナへ行っているのか、息が前へ出ているのか、とにかく、ひどかったです。本番では精一杯がんばろうと思ったのですが…。暗雲たちこめています。

昨日の合唱の練習で疲れたのかな。いや、合唱のせいではなくて、朝早く(私には充分早い)起きて、出かけることそのものが疲れの原因になります。昨日は元気でしたが、本来、今日はゆっくり身体を休める時間がほしかったです。身体は元気に感じますが、声楽はその程度では本領発揮できないという経験になりました。

本番でも、歌詞を一個忘れたのと、どの言葉の時か覚えてないのですが、ほんの一瞬でしたが、ノドがうっとなって、声が出ませんでした。すぐに次の歌詞から歌えましたが。今までで初めての感覚でした。何が起ったのか、自分でもわからないです。リハの時の唾液が出てくる感覚でもなかったし。ブレスのせいでもなかったし。

結局、いろいろ失敗を経験し、ほんとに声楽は難しいと思いました。歌うということ以外に、呼吸がすべて順調に流れてくれないと歌にならないのだなあと思いました。教えてもらったことを考え、考えしながら歌っているので、「あ、発音が…」「あ、お腹の支えが…」などなど、そんなこと考えて歌っている場合じゃないのですね。しゃべるが如く、なんの心配もなく、歌詞を伝えられるような歌を歌えないと、だめなんだなあと、心底感じました。

息を吸ったらお腹で支える、ノドが縦に開く、軟口蓋が上がる、肩の力が抜ける、などなど、もっとあったかなあ〜、そういうことが一連の反応としてスムーズにできるように身体を作っていかなければいけないなと痛感しました。たぶん、これは練習不足ですね。身体を使った練習って、家ではなかなかできないので、ハミング程度でしか歌ってないですしね。それではだめなんですね。でも、どうしたらいいのか?防音室がほしいな。でも無理だな。どいしたらいいのかな。

あと一回、同じ歌を、先生の発表会で歌います。そこでがんばって、あとは来年のレッスンで問題解決へ向かいます。

でも、一つだけできるようになったことがあります!
「風の子供」(中声用の楽譜)では上のファが出てきます。不可能と思われていたミやファが出るようになってきました。身体がちゃんと整えられている時はきちんとした発声で出ます!昨日のピアノ合わせではそれができました。ポイントもちゃんとハナに集まってきました。来年からまた当たり前に出せるように練習します。

今、10年目です。10年生卒業までに、更なる成果を出したいと思っています。そして、まずは次回の発表会で!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

楽器店の発表会(12/21) 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる