虹は雲のあとから見えてくる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「第1回清水きよしパントマイム講座大阪受講生による発表会」について

<<   作成日時 : 2017/04/10 16:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第1回清水きよしパントマイム講座大阪受講生による発表会」について
ブログを書くのが遅くなりましたが、無事に、、、というか、大変満足な状態で終了しました。

3月の講座の二日間でも、本当に幸せな時間を過ごせたのですが、発表会の前日と当日は更に没頭できて、満足度100%以上でした。

18日(土)は声楽の先生たち、オペラ・アンダンテのメンバーのコンサートがありました。丁度お昼間でしたので、コンサート終了後、発表会の準備にかけつけましたが、生徒で到着したのは私が一番乗りって感じで遅れを取らずによかったです。その後徐々に生徒たちが集まり、まあ、来られない人は仕方ないとして、4名集まって、買い出しやら演目のタイトル製作やら。清水さんは照明機器の接続、CDをかける準備など、重要な裏方でした。なにしろ、機材は使えないし、脚立にも登れないし、私はあまり役に立ちませんでしたが。

照明、音響の準備が整うと出演者の動きの確認。出る、演じる、タイトルを変える、はけるなど。そして演目の練習。清水さんがなにもかも裏方をされるので、音きっかけの練習やら照明の練習も含めて。

----

翌日19日(日)、早い人では朝9時から練習に来られていましたが、私は早いのが苦手なのでいつもの10時半到着。もうすでに二人が練習しておられました。私も自分の演目の確認など。徐々に出演者が集まり始め、午前中に発表会の舞台となる部屋の片付け、掃除、荷物置き場の部屋の片付け。客席の設置。だんだん舞台らしく出来上がってきました。

簡単にそれぞれ昼食を済ませ、午後1時からゲネ。最終確認あれこれ。3時半からお客さんが来られました。一般的は舞台ではないので、なかなか気軽に来られる人はなく、清水さんのお知り合いやパントマイム経験者など約10名ばかりでした。

さて、いよいよ始まりました。

私の出番は最後です。6人の出演者の中では、私一人25年のキャリアがあり、数々の小さな舞台も踏んでいるため、パントマイムを始めて2〜3年という人達と同じように「第一回発表会」という言葉通りの出演者ではありませんでした。でも、今回の演目は2000年に作って以来、演じたのはたった2回だけだったので、是非人に見てもらったり、清水さんにアドバイスをいただいたりして完成させたいと思っていました。おかげさまで、今回の出演により、かなりきちんとした作品に仕上がってくれて、ほんとに充分、十二分に満足できました。やはり舞台で演じないと完成しないのだなとつくづく思いました。

公演後、いつもの練習の時のように簡単にビールとおつまみでお客さんたちと打ち上げしました。一人一人について清水さんからのコメント、お客さんの感想、出演者の感想なども話しました。私については清水さんからは「チコさんは別格。」って言われました。やはり初心者のための第一回発表会という目的からはちょっとはずれてますもんね。でも、まだまだ、仕上げたい作品があるので、今後も講座に通って清水さんに教えていただこうと思います。

---

その後、何日かは舞台の余韻にひたっていました。3週間経った今日でも、鮮明に色々なことを覚えていて、舞台で自分が感じたことが、とても勉強になっています。やはりもっともっと舞台に立って見ていただかないと、作品はよくなっていかないのだなと思います。そして、3月一ヶ月間はとても幸せでした。。。と、過去形で終わらせないようにこれからもがんばります!!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こよみ

「第1回清水きよしパントマイム講座大阪受講生による発表会」について 虹は雲のあとから見えてくる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる