トラックバックの意味と方法

BIGLOBEのブログでは迷惑トラックバックを防止する為に、「本文中にリンクを含まないトラックバックは保留されます。」という仕組みになっています。

本文中にリンクを含まないトラックバックは保留され、すぐには反映されません。リンクがある場合は即座にトラックバックが反映されますので、なかなか反映されなくてどうなってるのかな?と思われる場合はスパム扱いになっていると解釈してください。

自分のブログを宣伝する為にトラックバックしてこられたと思う場合や記事に共感が持てない場合は削除しています。トラックバックは相手の記事に強制的に自分のブログのリンクを作ってしまえるという厚かましい仕組みです。私の記事に共感されて同じような内容の考えなどを書いておられる場合はリンクがなくても公開することもありますが、宣伝目的の内容のトラックバックが多いです。お互い様のトラックバックの利用をしてくださる方を歓迎します。

参考:トラックバックの有効な使い方を考える




以下になぜ、この方法で迷惑トラックバックが防げるのか、またリンクの書き方を説明します。


トラックバックは「あなたのブログを「私」のブログからリンクしましたよ。」というお知らせする手段です。トラックバックは普通のホームページでのリンクとは違って、相手のブログに自動的に、または強制的にとも言えますが、リンクを作成してしまえますから、相手にとっては迷惑なこともあります。


ホームページでのリンクとはどういうことかというと、共通の趣味を持った人のホームページを見つけた「私」は相手のURLをコピーしてきて、自分のホームページにリンクを作って『誰々さんのホームページです』と紹介します。相手の人にリンクしたことを伝えたい時はメールで「リンクさせていただきました。」と知らせます。(必ずしも知らせる必要はありません。相手の方の考え方に沿って知らせるか知らせないかを決めます。)リンクしたホームページを自分でアップします。

画像



トラックバック=強制リンクには相手のブログからトラックバックURLをコピーしてきて、「私」のブログのトラックバックURLを記入すべき場所へ貼り付けます。

ブログでトラックバックを送るということは、相手のブログ(ホームページに当たる)にリンクを自動的・強制的に作ってしまうということです。「私」のブログからはどこへトラックバック(リンク)を送ったか、メモしておかないとわからなくなります。

この方法は何か商品を売りたい人や、相手のブログを見た人がリンクをたどって「私」のブログへ流れてきてほしいと思っている人の使う方法です。また相手が興味のない分野に関して強制的にリンクを貼られてしまうことになり、思いやりが欠けています。ただの踏み台にされていることになります。土足でズカズカと入り込まれたようで後味が悪いです。

迷惑トラックバック、いわゆるスパムがそういう風にトラックバック攻撃をしかけてくるので、「私」のブログにリンクを含まなければスパム扱いとなり、保留され、削除できるようになっています。

画像



リンクタグの書き方
BIGLOBEが「本文中にリンクを」と言っているのは、「私」も相手もリンクされるようにする為です。商品を売りたい人でも、「この人も使っていますよ」みたいに本文中にリンクを貼っておいてくれれば、対等になりますよね。

1.本文中のリンクは
相手のブログの題名や記事のタイトル
を書いてからマウスでリンクしたい文字分だけ選択し、くさりのマークをクリックするとURL記入欄が出てきます。ここに書くURLは記事の固定URLです。

2.HTMLタグを書く場合は
<A HREF="●" TARGET="_blank">★</A>

●のところに固定URLを書きます。(コピーしてきて貼り付ける。)
★のところに相手のブログの題名や記事のタイトルを書きます。

3.ウェブリブログの会員同士なら相手の記事の「自分のブログにトラックバック記事作成(会員用)」という欄に記事を書くと、「私」のブログにもリンクが作成され、スパム扱いにはなりません。

画像





参考:自分からリンクしていないトラックバックは是か非かからの引用: 「ですから、本来的にはリンクなしトラックバックも想定された使い方なんですが、誤解されることもあることを念頭に置いた方がいいと思います。 なお、【2】のパターンの場合は、コメントの中でリンクを紹介するような形にすると、いらぬ誤解を避けられるように思います。」


この「トラックバックの意味と方法」に対して全く関係のないトラックバックを送ってくる人もいますが、記事を読んでないか、読んでも理解していないことが明かですね。主旨をどうぞ理解してトラックバックをご利用ください。

リンクのないトラックバックを送られた場合はコメント欄に理由や挨拶など書いてくだされば公開することもあります。人への思いやりはネットでも現実社会でも同じです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント