ビーバーちゃんで歌う(声楽155)

先週書いた発声練習の言葉が間違ってました~。♪ナネニノナネニノナ~でした。それから♪ロアロアロアロアロ~の「ア」の部分がビーバーみたいに上の前歯が見えるようにほっぺたを上に上げます。その状態でどの発音も歌うのです。おかげで上のFが楽に出ました。


発声練習

♪ハミング
♪ナネニノナネニノナ~ (ドレミファソファミレド~)
♪ロアロアロアロアロ~ (ドレミファソファミレド~)
♪ティ・ティ・ティ・ティ・ティ~ (ド・ミ・ソ・ミ・ド~)


「ふるさとの」

「な」で歌う。

歌詞で歌う。
  歌詞の発音は細かく訂正していただけます。「ロアロア」の「ア」ですべての言葉を歌うように言われて、かなりきれいに楽に声が出ました。どんな顔になってるのか、自分では見えませんが、かなりすごいことになってるんじゃないかと思いましたが、とにかく、そんなことよりきれいな発声が第一ですから、一生懸命です。先生も笑われなかったし、きっと、そういうものかもしれませんね。

先生に「頭の後ろがだいぶん開いてきたので、今度は顔の方を練習してください。」と言われました。

ずいぶん前に、「お腹ができてきた」と言われて、今度は「頭の後ろができた」と言われたので、次は顔ですね。この、顔をビーバーみたいにすることで、声が落ちないのです。しかも、奥歯がかみ合わない感じなのでノドが開きっぱなしって感じです。やっぱりあくびですが、それのもっと元に戻らないあくびって感じ。 そして、この顔で歌うと目をむいて、まゆ毛が上がって、鼻の奥のもっと上のまゆ毛とまゆ毛の間くらいに響きますね。

色々面白かったです。これが定着するようにがんばります。

ブレスはまだ続きません。まだ、出し過ぎてる感じがしますが、今日はビーバーの顔で精一杯でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

すとん
2008年10月24日 20:24
 ははあん、これが例の「目をつぶっている暇もない」レッスンって奴ですね。

 それにしても「ビーバーちゃん」とは分かりやすいネーミングですね。よく分かりました。私も使おうっと。

 実際の私は、まだまだピーバーちゃんどころではなく、頭の後ろで戦っているところです。ま、あせらず、じっくり取り組んでゆきます。
2008年10月24日 20:35
すとんさんの記事に書いたように、そうなんです。今日は色々大変でしたが、先生の言われる通りにがんばると声がひと味違いましたよ。ちょっとずつ大人になってきているって感じで嬉しかったです。

やっぱり身体作りにも順番があるのでしょうね。空気をお腹でキープ出来ないとその先はないものと思えって感じでしょうね。後ろを開いて、今度は前ですか。確かに先週は鼻の後ろがすごく響いていたのですが、今日は響きがもっと上へ行きましたよ。すとんさんが書いておられた通りで、面白かったです!

私の方がすとんさんよりちょっとだけ先輩ですしね。12月が来たら5年生ですもん!高学年ですもん!がんばりましょう~~。

この記事へのトラックバック

  • 発声はやや安定(声楽173)

    Excerpt: いわゆる私の命名による軟口蓋の開け方、ビーバーちゃん、ウサギちゃん、ゴリラさんはみんな同じことなんですが、その時々による私の印象でした。 Weblog: 虹は雲のあとから見えてくる racked: 2009-04-03 18:38
  • あと少し掘り下げよ(声楽201)

    Excerpt: うーーん、どんどん近づいてきました。もうちょっとでわかりそうなところまで来ました。 Weblog: 虹は雲のあとから見えてくる racked: 2009-12-19 13:28